日本人学生の体験談

banner

パインス(PIA)で過ごした日本人学生の感想です。こちらを読めばPINESの雰囲気が分かるかと思います!どうぞお楽しみください!

 

■HIROさん(30代 男性)
7ヶ月 「30歳からのバギオ留学」

私は30代で7年間勤めた会社を辞め、語学留学を決意しました。

当初は留学が人生の大きな決断だと思っていましたが、今ではそんな風に全く思っていません。
むしろローリスク ハイリターンな選択だったと確信しています!

そんな私が経験したバギオ留学のメリットを下記にまとめました。
ひとりでも多くの方の新たなチャレンジに対する決断の一助になれば幸いです!

1.会社を辞める、もしくは休職するという選択

30代ともなるとなかなか会社を離れるというのは勇気のいることかもしれません。
ですが、10年後の日本を想像してみてください。
企業はグローバル化が進み、求められる人材も同様にグローバル化の波がやってきます。

英語で自分の意見が言え、他の国の方の考えを理解できる能力が必ず必要になります!

私たち日本人は、日本語の流暢な外国人と共に闘っていかなくてはなりません。
あなたの上司に外国人が来てもあなたは上手くコミュニケーションをとれる自信はありますか?
また、10年後に今あなたがいる会社が存在していると言い切れますか?
将来のポジションは約束されていますか?
時代のスピードは物凄く早くなってきています。企業の寿命は短くなる一方です。

異国に住んで語学を学ぶというのは、これからの社会を生き抜く上で非常に効果的な手段のひとつと言えるでしょう。

2.語学留学という選択

英語の勉強法には色々な方法がありますが、単純に「英語にどれだけ長い時間に触れたか」が重要になってきます。
毎日10時間以上英語に触れられるというこの環境は、他の勉強法と比べ上達スピードの違いは歴然です。

ちなみに私は1ヶ月目から英語で夢をたまに見るようになりました。
勉強しすぎでうなされていたような気がします。

また、留学の利点は語学だけでなく、他の国の文化を理解できる点が大きいです。

パインス・アカデミーでは多くの韓国人学生やフィリピン人の先生と共に過ごすので、おのずと国際感覚が磨かれます。

ちなみに私は最終的に英語でちょっとした口ゲンカもできるようになりました。(笑)

3.フィリピン・バギオという選択

長時間マンツーマンレッスンを安価に受けられることはもちろん最大のメリットです。

ただ、フィリピン留学には価格面だけではない大きなメリットがあります。
それは今まさに進んでいる経済発展です。

21世紀はアジアの時代と言われている通り、ここフィリピンも驚異的な経済成長を遂げています。
マニラの街を見れば、現在進行形で街が発展しているのを感じることができます。
人口は2050年になっても増え続け、国民の93%が英語を話すという日本と真逆のようなここフィリピン。
フィリピンは将来的に日本とほぼ同等のGDPになると予想されています。

高度経済成長まっただ中のフィリピンに身を置くのは最高のチャンスです。
活気に溢れた場所にいるだけでポジティブな考え方になれたような気がします。

さらに、バギオはフィリピンの中でも非常に優れた土地です。

下記の5点がその理由です。

①蒸し暑くなく、高原のような環境

②フィリピンの中では比較的安心安全

③バナウェやサガダといった世界的観光地に行ける立地

④娯楽が少なく、勉強に集中できる

⑤セブでもマニラでもなく、バギオを選んだ日本人には変人が多い

特に⑤に関しては個人的に本当に良かったと思っています。
「世界を変える!」と本気で言う若者たちにたくさん出会うことができました。

そんな人たちに囲まれながら勉強できる環境は非常に貴重でした。
日本では中々味わえない経験だと思います。

4.パインスアカデミーという選択

バギオでは最大級の語学学校のひとつで、
講師陣の質は他校よりも良いと聞きます。

個人的に良かった点は、たくさんの韓国の方々と友達になれたことです。
韓国人の小学生とも友達になれました。
驚いたことにこの小学生は2ヶ月間休学して家族全員で留学していました。
この子の英語のレベルが高くて驚きましたが、
こういった個々人の取組が近年の韓国の強さを象徴しているな、と感じました。

5.最後に

このページを見ていらっしゃるということは、少なからず語学留学に興味を持たれているということだと思います。

悩んでいるくらいなら行ってしまった方が良いと思います。
人生一度きり。自分が決断したことに後悔なんてしないはずです。

また、留学先をバギオにするか迷われている方にはこの本をオススメします。

「バギオの虹 シスター海野とフィリピン日系人の100年」

フィリピンと日本の懸け橋になった日本人女性の生涯が描かれており、
グローバル人材を目指す方にはぜひ読んでいただきたい一冊です!

世界に出て行こうが日本で勝負しようが、英語はこれからの「当たり前」になっていきます。
人生を後悔しないために「今」、行動することをオススメします。

■マサシさん(30代 男性)

3ヶ月

「世界へ出るのに高いハードルがあるわけではないことを実感しています」

私はPINESで3ヶ月お世話になりました。

10年間日本で働いた後、やっぱりこのまま日本の中だけで終わりたくないとの思いが強く、退職しフィリピン留学を選びました。

当初の目的は、フィリピン留学で英語力を付けた後にオーストラリアの大学院に行くことを考えていたのですが、バギオで出会ったフィリピン人や韓国人などのアジアの人達と接する中で、アジアの熱さと魅力に惹かれていきました。

元々学生の頃からアジアに興味はあって、バックパックで旅をしたことはあったのですが、フィリピンに滞在するうちにアジアに身を置きたいとの思いが段々強くなってきました。

そして、フィリピンで得た英語力と異文化適応力が評価されたのかどうかは分かりませんが、現在私は現地採用としてインドネシアのジャカルタで働いています。

特にインドネシアに強い思い入れがあったわけではないのですが、この国は現在もの凄い勢いで経済成長が続いており、ビジネス面で世界中から注目されています。実際、住んでみると街は活気に溢れており、その勢いや雰囲気は現在の日本とはまるで違います。

私が勤務しているのは日系の物流企業で、日本とインドネシアの貿易に関わる仕事をしています。スタッフは2人の日本人と30名程度のインドネシア人で、マネージャー層とのやり取りは英語で行います。

ただ、一般ワーカーの中には英語が全く分からないスタッフもいますので、今後はインドネシア語も必要だと思い現在勉強中です。

フィリピンに行く前は、まさか自分がその後インドネシアで働くことになるとは思ってもみませんでしたが、現在はそれほど世界へ出るのに高いハードルがあるわけではないことを実感しています。

まだ、こちらで働き始めたばかりですので明確な先の目標を持っているわけではないのですが、海外にいて改めて感じるのは日本の製品やサービスのクオリティの高さです。

日本食や日本製品は既にアジアで高い評価を受けていますし、今後はそのような日本の質の高いものを海外に紹介していく仕事に関わっていきたい、そしてその時に今自分が学んでいる貿易の知識が役に立つのではないかと、漠然と考えています。

もしフィリピン留学の後で、アジアで働くことを希望されている方がいれば大歓迎です。アジアでは全員が非ネイティブなので、簡単な単語とクリアな発音で「通じる英語」が大切であることを強く感じます。そして、そのステップとしてフィリピン留学は最適な選択だと思います。

また、フィリピン留学中に色んな異文化に触れておくことも大切かと思います。その異文化を楽しめることは、その後アジア各国で仕事や生活していく上で大切な条件になると思います。

最後に、皆さんのフィリピン留学が有意義なものであることをお祈りしています。

 

■たえちゃん(20代 女性)

2ヶ月申請(都合で1ヶ月半で帰国)→その後1ヶ月リピート

「とってもいい経験でした。大胆になれた!」

御茶ノ水大学で日本語文化を専攻されているタエちゃん(現在3年生)に、留学当時のお話を聞きました。

Q.パインスに留学されていた時期を教えてください。

1年生の夏休みの1ヵ月半と、2年生になる前の春に1ヶ月です。

いや~、まだティーンだったんですね、若かったです。

-(今でも若いです!)

フィリピンに行った事は、将来のこと考えるきっかけになりました。

英語がまったくできなかったのが、ちょっとできるようになるところまでは劇的で、感動したのを覚えています。

-留学するきっかけはあったんでしょうか?

英語をやる気もなかったところ、大学のサークルに1人アメリカからの留学生が来ていたんです。

ふざけて英語で話したりもしましたが、全然口から英語が出てこない、通じないもどかしさを感じていました。

結局、帰国子女の子に通訳をしてもらったりして、悔しい思いをしました。

-思い出してみると、そういう経験が留学のきっかけだったのかも知れませんね。

パインスにはどのような経緯で留学されたのでしょうか?

PINESを知ったのは父の勧めでした。

父は韓国に知り合いの方がいて、そこで評判を聞いたようです。

なので、あまり他の学校と検討して決めたわけではないのですが・・・(笑)

-タエちゃんはリピーターなんですね。1回目と2回目で、違いはありましたか?

1回目はロメルで過ごしました。1回目は、2回目と比べると本当に楽しく英語ができましたと思います。

一緒に来た日本人は歳も近く、みんなと仲良く出来ました。

日本人のグループに韓国人も混ざって遊ぶというような感じでした。

クラスについては、受験からあまり時間が経っていなかったこともあって、文法の成績が良かったです。(笑)

しかも、色々事前に話を聞いたりしていて、レベルチェックの面接もしっかり準備しました。

「どうして留学しに来たの?」という動機は絶対聞かれると思ったので、答えられるようにしておきました。

そうしたら、なんと一番上のクラスになってしまいました!

-レベルチェックのために準備をしたというのは、すごいですね!

そこから授業についていくのが大変でした・・・。(笑)

でもそのおかげで、クラスの皆が上から引っ張ってくれて、実力も伸びたと思います。

1ヶ月はそれでよかったのですが、大学に戻らなくてはいけない都合で、次のタームは途中で帰らなくてはなりませんでした。

それで、本来なら2ヶ月目からはクイサンに行けるはずだったのですが、ロメルに残りました。

そうしたら、クラスが下がってしまい・・・少し残念という気持ちでしたが、このときがクラスのメンバーとの交流が一番楽しかった時期でした!

-なるほど・・・ちょっともったいなかったですね。

2回目はいかがでしたか?

2回目は最初からクイサンで始めることができました。

1回目は「楽しい」だったんですが、2回目はそれに比べると「やらなきゃ」という義務感が大きかったです。

クイサンに入ると、元々いる子達はロメルで仲良くなって一緒にクイサンに来ている人たちなので、
私は転校生のようになってしまいました。

それで、1回目のときとは違い、ルームメートの韓国人と一緒に過ごすことが多かったです。

3人部屋だったので、普通だったら私だけが日本語で、あとの2人は韓国語で話す・・・となりそうなところ、
韓国人のうち一人が日本語もできる人でした。

普通だったら、その人を介して部屋では日本語と韓国語になってしまいそうなところ、

みんなで「ここには英語を学びに来ているから、英語で話そう」と相談して、英語の環境にすることができました。

なので、1回目と比べると本当に英語でサバイバルに過ごしました。(笑)

1回目と違う点でもうひとつ言えば、孤児院のボランティアに参加したことです。

このボランティアは日本人の有志の方が企画してやっていて、その方が卒業してしまうときは、在校生に引き継ぐという形で続いているそうです。

子供たちとは3~4時間、触れ合いの時間を持ちます。

具体的にはおかしを持っていったり、一緒におえかきをしたりしました。

ボランティア活動については、日本人が独自でやっていて、韓国人は別途募集をしていたようです。

その他にも、個人的に先生と仲良くなって、色んなところに連れて行ってもらっている人がいました。

そういう過ごし方もありますね。

-タエちゃんは現在、某英会話スクールでネイティブからマンツーマン授業を受けていますが・・・

今になるとそれと比べてしまうとは思うのですが、フィリピンの先生たちの授業はどうでしたか?

先生たちはみんなフレンドリーで優しい!

細かく言うと、英語を学問としてやっていてすごく上手な人もいれば、

ネイティブと比べると「つぎはぎ」のように話す人もいます。やっぱりネイティブと比べると、という話ですが・・・。

あとは、自分の言うことを聞いてくれなかったり(苦笑)・・性格の話になってしまいますね。

-さすがに、「英語専門のネイティブ」と比べられると、フィリピンの先生はちょっと気の毒!?(苦笑)

(ちなみに、タエちゃんが通っているスクールですが、通常のお値段は40分あたり約8,000円とのことです!!)

-「在外公館派遣」について

帰国後の話ですが「在外公館派遣」というものをパインス繋がりの知り合いから紹介されました。

2年契約で外国にある日本大使館でニュースをレポートしたり、ちょっとした業務をやったりするもので、
国連に行きたい人が事前の実務経験になるということで応募することが多いそうです。

私も応募してみようか考えています!

こういうものがある、と知れたのも留学がきっかけと言えるので、
新しい世界を知ることが出来たのは本当に良かったです。

今は、専攻を国際関係学にして大学院に進む事も考えています。

「在外公館派遣」に挑戦するかどうかも含めて・・・これから先、自分がやりたい事を見つけるのが課題です!

-インタビューにご協力頂き、ありがとうございました!

■Iさん(30代 女性)  3ヶ月申請

Q.まず、英語を学ぼうと思ったきっかけを教えてください

11年間、アパレル関係の仕事をしていました。

その時の仕事で「ニューヨーク本社に英語で報告メールを書く」事がありまして。

日本語だったら10分くらいで終わるものを、家に帰って何時間もかけて書いていました。

元々英語をよく使う仕事だったのでしょうか?

年に数回でしたので大きな負担ではありませんでした。

「英語の報告メール」は、おそらく周囲に助けを求めれば、翻訳してくれたと思います。

ただ、細かいニュアンスを自分の言葉で伝えたかったので自分で書いていました。

なるほど・・・

お仕事は、留学をきっかけに辞められたのですか?

いいえ、結婚を機に退職しました。今は専業主婦です。

ただ、「英語が出来たらもっと人生楽しいだろうな。」という思いが常にありましたので、

時間が出来た今、行こうと決意しました。

Q.どんな成果がありましたか?

一番成果があったと思うことは、「発音」です。まだまだですが…。

あと、外国人に英語で話しかけられても動揺しなくなりました。笑

Q.思ったより成果がなかったと思うことは?

成果が無かったことではありませんが「3ヶ月じゃ足りなかった」と思いました。

まず最初の1週間は、全然分からない、聞き取れないので落ち込みました。

ただ、1ヶ月目のどこかのタイミングで切り替えることができました。

2ヶ月目で、少し中だるみしました。

3ヶ月目は最後なので再び頑張ろうという気持ちになり、集中しました。

あっという間の3か月でした。

そもそも、よく3ヶ月も送ってくれたな~と思います

実は「どうせなら3ヶ月行って来たら?」と勧めてくれたのは夫でした。

1ヶ月くらいではものにならないと、3ヶ月を勧めてくれました。

最初は「フィジー留学」をテレビで見て、私が「行きたい」と言い出したのがきっかけだったんです。

そのテレビは夫も一緒に見ていたのですが、まさか本当とは思っていなかったらしいのですが。

でも私が本気と知り、夫も色々調べてくれました。

「フィリピン留学もいいらしいよ」と教えてくれたのも夫でした。

すごいです。素晴らしい旦那様です。(T△T)

3ヶ月の成果は、旦那様からみてどんな感想ですか?

夫が3ヶ月目の始めにマニラに遊びに来てくれました。

マニラ空港でタクシーに乗ったとき、かなり高額な金額を提示されたので

交渉を重ね半額以下まで下げた時には「おお~」と感心されました。

それはかなり心強いですね。今後,ご家族で海外旅行に行っても奥様がいれば安心ですね。

でも実はこれには裏事情があって、

パインスの授業中に「マニラで注意することはありますか?」と先生に相談したら、

先生が「マニラで使える英会話」を教えてくれたんです。

先生がぼったくりのタクシードライバー役をやってくれて、「はい、こういうときは何ていう?」って訓練してくれました。

それをそのまま実践で使ったんです。

(爆笑)フィリピン人の先生が、フィリピン人のタクシードライバー対策を教えてくれた訳ですね。

シミュレーションまでして。親切だなぁ。(笑)

Q.パインスのごはんについて

う~ん、美味しいとは言い難いけれど、悪くはないと思います。

韓国料理が多く、たまに「日本食じゃない日本食」も出ます。(笑)

週末は、レストランで美味しいものが食べられます。

「茶屋(日本食レストラン)」が人気でした。

Q.決まったスケジュール以外での過ごし方

授業間の短い時間は無理に勉強せず、お友達とおしゃべりしたり、テレビを観たり、

昼寝したりとリラックスタイムに使っていました。

ネット環境は、あまりよくなかったのでそんなにできませんでした。

Q.人間関係で困ったことはありますか?

2人部屋だったのですが、当初は1人部屋を希望していました。

1人部屋が空いていなかったので2人部屋にして、2ヶ月目から移動する予定でしたが、

行ってしまったら引越しも面倒になり、そのまま2人部屋を使いました。

ルームメートに恵まれたということでしょうか?

ルームメートはKoreanの女の子でした。

とにかく荷物が多くて。パインスの次にカナダに行く事が決まっていたので、その荷物も全部持ってきていました。

自分のベッドに服が山積みで、とうとう私のベッドにまで物を置いていたので、さすがに注意しました。

注意するのって,やはり躊躇しましたか?

最初はどのタイミングでどのように言おうか・・・と考えました。

タイミングをみて「あれっ、これ私のものじゃないのに私のベッドにある~」と少しふざけたように言ったところ

「ごめんね」ってすぐに片付けてくれました。

うーん,なるほど・・・そうなると一人部屋がやっぱりいいですね・・・。

友達を作るという点では2、3人部屋も良いと思います。

その子とは今も友達で、たまにメールのやりとりをしています。

ちなみにカナダに行ったら、カナダの学校にフィリピン人の先生もいたそうです。

え~そうなんですか!(驚)

パインスの方が良かったなんて言ってました(笑)。

Q.今後進みたい方向

今、着物の着付けを習っていて、人に教えられるレベルを目指しています。

日本ならではのものというところも魅力を感じています。

今後、着物もそうですし、日本のもの・・・たとえば工芸品などを、

海外に紹介する仕事ができればいいなと思っています。

私は日本が好きで、「英語が出来たほうがもっと日本の事を海外の人に伝えられる」と思っています。

Q.友達や先生について

年齢の離れた友達もでき、久しぶりに学生気分に戻れました。

先生にも恵まれ、お友達のようになれました。

クラスは4:1のグループ授業だと、だいたいが3人Korean,日本人1人ですが、

3人が韓国語で話し始めちゃうと、授業が止まってしまう事もありました。

しかしグループ授業で韓国人の友達もでき、

ディスカッションではいろんな意見も学べたのでためになりました。

フィリピンの先生は日本にとても興味があり

お寺やお茶、舞子さん、アニメ、また「やくざ」についても聞かれました。

日本への関心がとても高いです。

フィリピン人の感性は日本人に似ているところがあると思いました。

親切で少しシャイな所が似ていると思いました。

これから来る人にアドバイス

日本でできるだけ「単語」を覚えてきた方がいいと思います。

発音や使い方は、来てから教えてもらえますので。知っている単語がもっとあれば良かったと思います。

特に私のように期間が決まっている方は、覚えて来たほうが良いと思います。

単語は、一人でもできますので。

会話はフィリピンに来てからで良いと思います。

あと、ふりかけがあると食事が合わなかったり食欲がなくてもご飯が食べられるので持っていくと良いかもしれません。

Iさんインタビューにご協力頂き誠に有り難うございました!

 

 

■Tさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み

パインスから帰ってきて約1ヵ月経ちました。

私は大学の春休みの期間ということで1ヵ月のみの滞在でしたが、振り返ってみて思うのは1日1日の密度がとても濃かったということです。ルームメイトやクラスメイトが皆韓国人だったこともあり、1か月の間、ほとんど日本語を使うことがありませんでした。先生たちも皆工夫して授業を進めてくれ、1コマ50分の授業はとても短く感じられて、高校生に戻ったかのような感覚がしました。

1ヵ月だったので、特に何かを強化する、といよりは“自分の英語に自信を持ちたい”あわよくば“実践的な言い回しを学びたい!”という動機で臨んだのですが、今までに日本で習ったことのある文法事項を改めて英語で説明を受けたり、イディオムや単語を他の言葉で説明したりなど、とても良い訓練になり、期待以上だったなと思います。

何より、大学ではなかなかネイティブの先生と話す機会がなかったので、毎日英語で考え、話すことの出来る生活はとても楽しく、有意義でした。

韓国人の友達も沢山出来て、英語というお互いにとってまだ完全には操れない言語を通してでもこれ程近くなることが出来るのかと、驚きと感謝の思いが湧きました。
パインスの生活は厳しいというのをよく聞きますが、私にとっては寧ろ日本での生活より時間があり、快適だったなと感じます(笑)

短い期間の中でもなるべくバギオの色々な場所を訪れてみたいと思い、予復習はその日のうちにして休日は、早朝に1時間ほど散歩をし、その後市内の観光地を巡るという感じでした。
景色がとてもきれいだし、出会う人々もみな気さくで親切なので何の心配もなく過ごすことが出来ました。

各ターム、第2週目からテストがあり、そこで総合成績で1番を取らせて頂いた反面、自分の弱点がスピーキングにあることを改めて知ることが出来たので、今後も先生たちから頂いたアドバイスを参考に日本でも勉強を続けていきたいと思います。

一か月は確かに短いですが、確実に得られるものはあります!

次回機会があれば是非TOEIC等のテストモジュールや様々なオプションクラスも取ってみたいと思いました。


 

■Oさん(20代 男性)  3ヶ月申請

東京大学4年生 法学部 法科大学院進学予定

Q.語学留学をしようと思い立った経緯は何ですか?

国際弁護士などを目指すにあたり、実際に何人かの弁護士の先生が日本国内でも英語を使う機会が増えていくと聞き、英語の勉強の必要性を感じて留学を決めました。

Q.実際の弁護士さんが言っていたんですか?

はい。多くの弁護士の方々にお話を伺った所、どんな分野においてもこれから英語は必要になってくるとおっしゃっていました。
むしろ英語だけでは足りないとまで言われました。中国語とかができて当たり前の世の中になってくるかもしれないし、アラビア語やインド圏の言語も必要になってくるかもしれないそうです。
法律は日本国内の内向的なジャンルですけど、そういう分野でもインターナショナル化していっているので、他の分野はもっと早いんだろうなと感じています。

Q.“留学”と言えばカナダとかオーストラリアとか、アメリカなんかもある中、フィリピン留学を選んだ理由は何ですか?

まずはとにかく値段が安いことですね。値段が安いのに加えて、僕は1対1のクラスがどれだけあるかも重視して選びました。
アメリカとかだと…いや、そもそもフィリピンくらいしか1日みっちり8時間の授業が受けられる留学先が無いので…アメリカやオーストラリアは最大で6時間とかなので、それじゃ足りないなと思ってフィリピン留学を選びました。

Q.ちゃんと分析してきているんですね(笑)

あ、はい。結構そういう所は細かく念入りに下調べするタイプでして(笑)

Q.じゃあ学校を選ぶ際で重用視したのは時間の長さなんですね?

そうですね。2ヶ月とか3ヶ月という限られた時間で、できるだけ長く英語に触れる時間を持ちたいと思っていたので、それと日本人学生が少ないというのも選んだ理由の一つですね。カナダとかオーストラリアとかに行って、日本人の友達とばかり付き合って、英語が伸びなかったという話はよく聞いていたので。必然的に英語をしゃべる環境に身を置くのが良いなと思っていたので。

Q.ここフィリピンに来る前のフィリピンに対する印象はありましたか?

陽気な国だろうなとは思っていました。けど、日本に比べるとやはり裕福ではないので、親にも言われて、お金の管理はしっかりしないといけないんだなと思っていました。スリもいるそうですし、タクシーの運転手がマニラとかだとぼったくるって言うのは予め調べて知っていたので…

Q.めちゃめちゃ分析してきてますね!

ええ、そういう所では気をつけるようにしています。

Q.ちなみにスリとかにはあったことはありますか?

ありますね。スリというよりは置き引きですけど、バーに行った時に50ペソ(100円程度)くらいのおみやげをカウンターに置き忘れて、戻ってみるともう無かったっていうことがありました。まあ、財布じゃなくてよかったです。

Q.勉強する環境としてバギオはどうですか?

僕は最初からバギオにしぼっていました。勉強する時に気温もかなり関係あるなと思っていて、セブとかだと暑くて勉強できないというのを聞いたことがあるので、けど、バギオに来てみて驚きました。

Q.むしろ少し寒いですもんね。

めちゃめちゃ寒いですよね!館の部屋の中とかは。

Q.フィリピンに来てみて印象が変わったこととかありますか?

フィリピンの人たちのパーソナリティですね。外側から見てると本当のフィリピン人のパーソナリティって見えないですけど、やっぱり一人一人と接してみるとそれぞれ違ったパーソナリティを持っていることも知れたし、あと、とてもポジティブで思いやりがあることを実感しました。

Q.それは学校の先生たちを見てですか?

あ、いや、僕の場合は地元の人たちと付き合ってみてですね。韓国人の友達にはフィリピン人はすぐにお金をねだるから気をつけろとは言われていたのですが、僕は元々そういう付き合いをするつもりは無かったので、偏見無く付き合うことができたのか、オリジナルなフィリピン人のパーソナリティに触れることができました。たとえ経済的に裕福じゃなくてもふつうに付き合いができました。渋い顔とかしてなければどんどん盛り上がりますね。

Q.フィリピン人は時間にルーズとよく言われますが?

あ〜それは感じますね。時間がゆっくり流れている感じがします。そういう面では、日本の洗練された(お店などで)カスタマーサービスは期待できないと思います。もうこれが彼らのスタイルかなと割り切るしか無いですね。

Q.パインスを選んだ理由ですが、お友達の紹介できていますよね?

そうです。けど、もちろんセブとかダバオとかにある他のアカデミーを調べてみて、さっきも言った自分のプライオリティに合った学校としてパインスを選びました。一日の授業時間とかも見てみて、ここはレギュラー8時間で最大11時間って書いてあったので、そういうような所を当たっていって、いわゆるスパルタ式ですかね。そういうスパルタ校の候補をいくつか挙げて的を絞って、価格とかスケジュールとか、治安気温も含む環境で選びました。

Q.留学する時に不安に思ったことはありますか?

あらかじめネットとかの情報でいろいろ知っていたので、とにかくマニラさえやり過ごせば大丈夫かなと思っていました。マニラは不安だったんですが空港ですぐにスタッフの方が見つけてくれたので、安心して留学できています。
けど、たとえ治安の良いバギオと言っても、フィリピン人の友達に言われたのは、夜道を一人で歩くと危険だそうです。

Q.夜中に歩けるのは日本くらいですね?(笑)

そうですね(笑)日本は異常なまでに安全ですよね。

Q.ネットや雑誌で見ていた学校の印象と実際とのギャップはどうですか?

まあ、始めっからフィリピンのクオリティはそんなに良いとは思っていなかったので、写真に比べると部屋はちょっと暗めで、机は少し傷だらけでも、気にはしてないです。
けどフィリピンにしては、ここ(パインス)は全然きれいですね。

Q.料理はどうですか?韓国料理寄りですが?

食事は美味しいですね。キムチはけど本当に辛いので取ったり取らなかったりですね。あとパインスは辛いものがでると、日本人向けに辛くない味付けのものも出してくれるので、辛いものが食べたくないときはそっちを食べるようにしています。

Q.今、英語の勉強をしている中で苦戦していることとかありますか?

やっぱり先生に日本のアクセントが強いと言われて、日本にいたときは気づかなかったことなんで、とにかく今はリーディングの授業みたいな発音の矯正に力を置いてやっていますね。やればやる程通る道のりがちゃんと見えてくる気がします。だから長い道のりが見えてしまうせいで少し気分が落ちる感覚っていうか、それをスランプと感じる人は多いと思います。僕もそういう気持ちになったりします。

Q.理想と現実のギャップですね。

あと、日本語と英語が頭の中でごちゃまぜになっちゃって…、考えているのが日本語で考えているのか、英語で考えているのか分からなくなっちゃって、声に出したら日本語だったということがたまにあります。その逆もあります。

Q.カオスですね。

まあ、それは良い感じだと思うようにしています。

Q.パインスに留学を考えている人にアドバイスなどはありますか?

イディオムとか単語関係の本は持ってきていた方が良いと思います。あと、文法ができていない状態で来るのはもったいない気がします。わざわざ文法をここで勉強する必要は無いと思います。
海外に来たなら、ネイティブの人たちと話ができる状態で、一番効果的なポイントにしぼってやる方が良いような気がします。リスニングでも、TOIECのリスニングができても、日常会話のリスニングができないと言うのは意味が無いし、映画とかニュースでも全然違ってくるし、そういうのに困っている人たちにはとてもオススメだと思います。
英語の環境なのでそれなりには伸びるとは思いますけど…下準備ができていて、土台があった方が良いと思います。
あと、それなりに英語を使う目標がある方が良いと思います。話せたら良いだろう程度ではモチベーションも続かないと思いますし。実際に仕事で必要なんだという危機感がある方が伸びるんじゃないかなと思います。

Q.確かにゴールがあった方が良いですよね?

だから僕も自分の目標は具体化するようにしています。

Q.今後の抱負などはありますか?

僕は3ヶ月くらいでは自分の理想の英語の形になるとは思っていません。だいたい5年を見ていますので、大学院に行って司法試験パスしてから、アメリカのロースクールの繋ぎになる英語をここで勉強していきたいなと思っています。
まあ、2年、3年後になりますが。

Oさんインタビューにご協力頂き誠に有り難うございました!

 


■Yさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み+2ヶ月延長

 

TOEIC 参加前 660 → 帰国1ヵ月後 905

わたしはパインスで4か月過ごしました。パインスはバギオシティの中では一番大きな学校ですし、カリキュラムも豊富で、先生の質も高いと思うのでお勧めです。わたしはこの学校が厳しいと聞いてここを選びました。実際授業を始めてみると一日に50分授業が8~12(キッピルソンは14時間)時間あり、本当にゆっくりする時間がありません。マンツーマンの授業も4,5時間あるので、眠くてももちろん寝られませんし、授業が終わっても授業の復習と予習で自習の時間を入れると毎日12時間~16時間は勉強していたと思います。さすがに人間ですから集中力を持続するのは大変なのですが、英語を勉強しにきているのだからと自分を奮起し、幸いなことに意識の高いクラスメイトや友達に引っ張られて持続することができました。みんなには本当に感謝しています。韓国人の子達とは英語を通じて信頼関係も築けましたし、日本人の友達とは将来のことや深い話もできました。みんな目的を持ってここに来ているので、面白い人も多く、わたしにとって貴重な出会いでした。

ここへ来る前に英語を必死で勉強した時期が2か月ほどありました。そのときはフィリピンに行くから、というより、1か月でTOEICのスコアがどれくらい伸びるのか自分で試してみたい!という気持ちでした。結果、100点ほどアップしました。その時はそのことに大変満足していたのですが、実際にフィリピンに来て、この時の勉強がフィリピンでの生活をより良いものにしてくれたと今では驚いています。わたしを含め、日本人の多くが、外国に行きさえすれば、英語なんて当然のように喋れるようになる、と思いがちですが、実際はそんなことありません。英語が上達する環境があるだけです。そういう意味ではパインスはとても良い環境です。ですが、実際の自分の実力をあげるのは自分です。

ここでの勉強法の基本はインプットではなくアウトプットです。つまり今まで溜めてきた英語学習の基礎をあいまいになっていたところも含めていっぱい練習する場です。

実際に声に出してみたら主語と動詞の複数、単数がばらばらだったり、三人称単数が抜けていたり、動名詞、不定詞を使いこなせなかったり、いつも決まった動詞しか使えなかったり・・・そのたびに先生が直してくれてあいまいだったものが定着していきます。フラストレーションの溜まる作業ですが、うまく言えるようになったかも、と思えた瞬間は最高に嬉しいです。聞き取りも繰り返すことで耳が慣れてきます。最初から1対1の授業があり、今まで喋る機会のなかった英語をこれでもかと喋らされるのですが、この時日本で単語の本を1冊ほぼ完ぺきに覚えていったことが助けになりました。単語を覚えるのには時間がかかります。1日で沢山覚えても次の日には忘れているので反復練習が必要だからです。ですから、せっかく喋れる機会があるのに、喋る材料がないのは本当にもったいないことです。わたしはこれからフィリピンに来て英語を勉強する人に、来る前に少しでも単語量を増やしていくことをお勧めしたいです。

当初わたしが目標にしていた英語力は残念ながらまだ届いてはいないのですが、バギオにきて、英語を通じて友達ができて、英語が喋れるのだと自信を持つことができました。誰でもやればできるのだと思っていても実際にやり遂げるのは難しいことですが、わたしはこの数か月だけでもやり遂げたことに強い達成感を持てました。これを糧にこれから夢(翻訳家になる!)に向かって頑張っていけたらと思います。

 


■Jさん(30代 女性) 3ヶ月申し込み+1ヶ月延長

 

私のパインス生活はとても濃厚なかけがえのない思い出です。その中でも、2ヶ月経験したキッピルソンを紹介します。

4ヶ月のパインス生活で、リスニングKPS1ヶ月スピーキングKPS1ヶ月を経験しました。

自分のリスニング力をどうしても改善したくて、最初はリスニングクラスを選びました。
4~5人という少人数で、とても濃厚な時間です。
レギュラークラスよりも少し難しいファイルを聞いて、ディクテーションと理解力を伸ばします。
授業を受けていた1ヶ月間は、難しいことが先立って、ストレスしか感じませんでしたが、
その1ヵ月後レギュラークラスのリスニングが以前よりも上がっていることに気づきました。
リスニングKPS、私の場合忍耐が必要でしたがお勧めです。

次に、スピーキングKPS。もともと、あがり症でシャイな私にとって、人前に立つスピーチは苦手で日本では避けていたことの一つでした。パインスに 来て、たくさんの先生に会って、自分の弱点を知りそれらを克服する為にもKPSに参加するべきだと思い、スピーキングKPSに参加しました。たくさんの友人がスピーキングKPS薦めてくれたことも参加理由の一つだと思います。KPSスピーキングは毎日2時間の授業があり、そのどちらもスピーチをします。最初はとても緊張してましたが、先生とクラスメートの笑顔が後押ししてくれて徐々に緊張せずスピーチできるようになりました。スクリプトなしのスピーチはまだまだ時間もかかりスムーズにいきませんが、人前に立った時の緊張感は確実に減りました。心臓が脈打つ音がうるさいほどの上がり症だった私と今の私が同じ人物だとは、自分でも信じられないほどです。人は経験をして成長できるというのを身を持っ て体験できました。

私のパインス生活。KPSがとても思い出に残ってますが、全ての思い出には先生とフレンドリーな韓国人の友達達がいます。私一人では何も成長できなかっただろうパインス生活、とっても思い出深いです。苦手な事をもっと克服できるよう、英語を始め学習したことを今後も継続していきたいと思います。


■Kさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み

3ヶ月という期間は本当にあっという間でした。研修後に強く思ったことは、「3ヶ月じゃ英語なんてマスターできない!」ということでした。これは、決してPIAの教育プログラムに問題があるということではありません。英語を習得するには、根気と体力、絶対に夢を叶えるんだという強い気持ちが必要なんだと改めて感じたからです。

私自身、なんとなく英語が話せるとかっこいい~とか外国人のお友達できたら楽しそう~という抽象的な目標で研修に参加しました。ですので、授業についていけないと感じることや、クラスメイトの足を引っ張っているのではと不安になることも多かったのです。また、3ヶ月の間に、実力がついてきた!と、感じることも正直言ってほとんどありませんでした。


それでも、そんなことに悩まずコツコツ努力した後に、実力がついてくるんだろうと今は思えるようになりました。こんな私の気持ちもPIAの先生方はわかってくれています。なので、先生たちは私に「Be Patient!」と教えてくれました。

クラスメイトやルームメイトも、向上心の高い人ばかりでした。風邪を引いても夜遅くまで自習をしている姿を見て、私も悩んでる時間などないと、やる気がおきたものです。そのような環境で勉強に集中できたことが、今後、学習していく上で大きな力になると思っています。

PIAの授業はどれもためになるものばかりですし、1:1クラスで話す練習もたくさんできます。

だからといって、クラスに出席さえすれば留学の成功が待っているわけではないと思います。継続は力なり。自分でどれだけ努力できるかが重要だと思います。


 

 

■Hさん(20代 男性) 3ヶ月申し込み+2ヶ月延長

 

今回、パインスで勉強させて頂いて、4ヶ月目ですが、

英語に対する壁というか、そいうものがおかげさまで払拭できた気がします。

祝日にでかけたタイ旅行でも、現地の人よりかはしゃべれましたし、かなり改善したと思います。

(むろん彼らが母国語ではないですが、今回の訪問が5回目ということもあり、

前回の訪問と比べ、海外旅行するのには、もう何の支障もありませんでした。)

ぼったくらそうになっても、こいつ何をいっているんだと英語であしらうこともでき、

ぼったくりもなくなりました。

滞在のうちTOEICコースを2ヶ月間受講しました。

結果としては、560→845まで伸びました。

また今度の試験では900overを目指していますし、

おそらくこれが紹介されるころには取っていることでしょう。

パインスのTOEICプログラムは一見すると、簡単です。

ただ、スピードが速く、特にリスニングはSTEPbySTEPで鍛えられていきます。

知らず知らずのうちに難易度が上がっていくので、

いつも正答率は変わらないのですが、結果蓋をあけてみたら、本試験が易しく感じられ、

ものすごく改善しています。自分だけでなく、クラスメイトや、

この評判を聞いて、次の月にこのコースを選択した友人も同様に同程度スコアアップしているので

自分だけの事例でないかと思います。

PINESのような方式は日本の参考書等で見たことはありません。

いわんや、PINESのすべてプログラムは試験コースであっても、スピーキングに

力を入れてますので、スピーキング分野の試験がないTOEICコースであっても

スピーキング能力も改善されます。

おせじでなく、このコースが自分の英語能力を大幅に改善してくれたといっても

過言ではありません。

この体系だった試験コースと、PINESのスピーキング重視の組み合わせがいいのではないかと

クラスメイトと話しています。

オススメです!

 


 

 

■Yさん(20代 男性) 1ヶ月申し込み

フィリピン、バギオにきて約3週間目。

日にちも残りあとわずかとなり、もっと勉強せなと燃えてます。こっちでは一日約12時間勉強とだいぶハードなスケジュールです(-_-;)

とにかく充実した毎日を送っています。

ちょっと先週の日曜日に現地の孤児院に行ったときのことをシェアしたいと思います。土曜に韓国人の友達に飲まされたため、日曜の朝は二日酔の気持ち悪さから始まりました。薬を飲みかろうじておさまり、なんとかボランティアメンバーに合流、そしていくつかのお菓子を買って近くの小さな孤児院に行きました。

子供たちの数は15人くらいでした。
年齢は、下は一歳から上は12歳ぐらいまでの子たちがいました。小さな庭で元気に遊ぶ子供たちの姿は自分の考える孤児院のイメージとは少し違っていました。第一印象としては、やはりどこの国の子供も変わらないなあと感じました。しかし、大きな違いもありました。僕らが持ってきたお菓子を食べてるとき、1~2歳くらいのまだしゃべれない女の子がずっと僕にチョコを「あーん」してくれていました。自分のことは忘れてずっと僕にチョコをくれました。お菓子を僕にくれるたび、その子は嬉しそうに笑っていました。そして、自分で食べてべちょべちょになって下に落としてしまったチョコでさえ僕にくれようとしてくれました。さすがにこれは食えないなと思って、ティッシュにくるんで捨てようとしたら、その子は泣き出してしまいました。あわてて、僕はティッシュにくるまれたべちょべちょのチョコをためらいながらも食べました。すると、その子は泣きやみまた嬉しそうな顔をして、また僕にチョコをくれました。

驚くことに、こんなにもちっさい子でも食べ物を大切にするという心を持ってることに気づきました。それに比べて、自分たちは・・・。当たり前のことなのに、実際は当たり前ではない現実。これからそれを自分だけでも当たり前のことにしていこうと決意しました。

なんかこっちに来て、自分の悩みって本当に小っちゃいなあと思います。

Finally, i came back to japan for the first time in one month. it was so fun:) i have experienced many things in Baguio. In Pines academy, i made a lot of friends and met brilliant teachers. they were all kind to me and inspired me to study hard. Actually, i wonder my English is getting any better. However at least i got confident to speak english.

when we shared my dream with each others, we swor…e to study continuously and meet someday. And, i realized that many people expect me to succeed. i dont want to double-cross their expectation. so i am sure to accomplish big things hahahaXD

Anyway the time in Baguio is my treasure. Thank you all!!!!

韓国人と時間を過ごし、先生と英語でぶつかり、日本人と野望を語り、韓国料理を食べ、現地の文化に触れ、二日酔いを体験し、孤児院で現実を知り、自分自身を見つめなおし、たくさんの友と再会を誓う。最高の体験ができました!

いやあ~充実してた

This picture shows when my classmates held party for me.


 


 

 

■Aさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み

私は二ヶ月間PINESでTOEFLibtコースを受講していました。
勉強するための環境と週末の過ごし方と先生の質と授業について書きたいと思います。

・環境と週末について

私が滞在したのは2・3月だったので気温は涼しく、勉強に集中しやすかったです。
PINESのホテルもアジアの中ではきれいなホテルでした。
部屋はハウスキーパーが掃除をしてくれるのでいつも清潔で過ごしやすかったです。
食堂での食事は全て韓国料理なので辛い料理が多いですが、事前に頼めば辛くない食事も
用意してくれますので辛い食べ物が苦手な人でも食事には困らないと思います。
そして料理は相当美味しいと思います。

PINESは平日外出禁止なので外に出れるのは週末だけです。
生徒はどうしてもたまってしまう勉強のストレスを週末で発散させるのですが、
バギオには美味しいレストラン・映画館・カラオケ・ボーリングなどがあり遊ぶ場所に困ることはありません。
しかもそれらは日本では考えられない価格で提供されています。


私は毎週週末にPINESにあるボランティアサークルに参加していました。
そこでは孤児院に行って日本語や日本の遊びを教えていました。
孤児院には中学生でお腹が大きい子達・左手が麻痺している子、耳がこえない子達が生活していました。
彼らは親からの虐待などを受け親と一緒に生活出来なくなったり、バーの前にいくらかのお金と共に
置かれていたりしました。しかし子供達は常に笑顔で活発に走り回り私に元気とやる気を与えてくれました。

またPINESの日本人の先輩が授業の一環でドキュメンタリー動画を作る際に同行させてもらい、
フィリピン人先生の家にインタビューに行ったり、市場で働く幼い少女にもインタビューをしに行きました。
日本のドキュメンタリー番組がやっているような世界の貧富の差を実際に目の当たりにし、
色 んなことを考えさせられました。
自分の将来の夢にも影響を与える素晴らしい経験をすることが出来て本当にPINESに
留学してよかったと思いました。

・授業と先生の質について

TOEFLを勉強するならPINESを強くお勧めします。
PINESのTOEFLコースにはReading Writing Speaking Listeningの授業があります。
毎日繰り返し自分の弱点を丁寧に教えてくれるのでスコアを上げるのに最適です。
テストコースは他のコースよりもかなり宿題も多く、復習しないと授業についていけません。
なので、授業後は他の一般コースの人達より自分の時間はなく授業の終わった後は
宿題と復習の時間で毎日が終わります。
しかしその大変な分だけ英語の力も自信もつきます。

Expandingのフィリピン人の先生達はネイティブスピーカーと遜色ない英語力を持っていると思いました。
彼らは小さい頃から学校の授業はすべて英語で受け、家庭でのテレビはアメリカのテレビ番組を見て
常に英語に触れながら成長してきています。
もちろんフィリピン訛りの英語はありますがPINESの先生達はアメリカ英語の発音を話せるように
訓練しているので問題はないと思います。

最後にこれからフィリピン留学を考えている方へ。私はPINESは環境・先生の質から言っても
素晴らしい学校だと思います。私はフィリピン留学するならPINESで勉強することを強くお勧めします。

 


 

 

■Aさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み

私はPINESに二か月間滞在し、一か月目はロメルキャンパスでスパルタ1、
二ヶ月目はクイサンキャンパスのBridgingキャンパスでIELTSのコースを受講していました。

私がフィリピン留学を決意した理由は、1.留学のための英語スキルを身につけること、
2. 英語学習を楽しむこと、3. 語学留学の費用が他国と比べて安いことでした。
数あるアカデミーの中でPINESを選んだ理由は、充実したカリキュラムをもっており、
スタッフのサポート体制が整っていることでした。
TOEICなどのテストを受けていなかったため、留学後の英語スキルを証明するものはありませんが、
英語が聞き取りやすくなったこと、英語を話すことに抵抗がなくなったと言えます。
留学前の私は、英語に対して何か義務感に追われて勉強しなければいけないものという風に
考えて英語学習が楽しくありませんでした。PINESでの生活を通して、
英語を勉強することが本当に好きになりました!


次に授業についてお話します。スパルタのモジュールでは、自分のレベルに沿ったテキストで
授業を進めていく形でした。二ヶ月目をIELTSかスパルタで迷っていた際、
マネージャーの方やミキさんが相談に乗ってくださり、本当に助かりました。

結局、私はIELTSコースを選択し、二ヶ月目はブリッジングキャンパスで過ごしました。
グループ授業では、リスニング、リーディング、スピーキングがありました。
リスニングではIELTSのテスト傾向をつかむためのトレーニングを行います。
リーディングでは闇雲に問題を解くというものではなく、IELTS独特の解法を知ることができました。
スピーキングでは、毎回プレゼンテーションを行いました。
日本の文化や自分の地域のことをスラスラと説明するのは、すごく難しいことだと感じました。


マンツーマンの授業では、ライティングTask1とTask2、スピーキング、フリートークのクラスがありました。
ライティングでは、Expressionやどのように文書を構成すればよいか、など一から教えてもらえてよかったです。
フリートークのクラスでは、先生と私がPolitical Scienceという同じ専攻だったので、
政治や法律について議論を交わしていました。

日常生活では、韓国人のオンニ(お姉さん)やオッパ(お兄さん)がすごく親切にしてくれて、
すぐ仲良くなることができました。フィリピン人の先生は陽気で楽しく会話することができました。
PINESにいって、英語を学んだ二ヶ月間は充実した素晴らしいものでした。
語学留学を考えているみなさんにPINESに行かれることをお薦めします!!


 

 

■Hさん(20代 男性) 3ヶ月申し込み + 1ヶ月延長

4ヶ月の研修を終えて

PINESへ申し込む前は高卒で英語の経験がまったく未経験で
かなり不安がありましたが、今、4ヶ月間の研修を終え、PINESを選んで本当に良かったと実感しています!

私がPINESへ申し込んだ動機は海外就職の面接、また職場でのコミュニケーションの為でした。
実際、面接の際は面接官の方(カナダ人)と英語で問題なく会話でき、4ヶ月のPINESでの経験の成果が発揮できました。

PINESのプログラムはホームページにも紹介されている通り、
本当にスパルタで中身の濃い授業内容でした。
たまには、つらい時も正直ありましたが、意志の弱い僕にとって
PINESのプログラムが最後までサポートしてくれたおかげで諦めず勉強に集中することができました。
三ヶ月目にはオプション授業(キピルソン)にも挑戦し
見事クラス内で一位になる事ができ、自分の自信にも繋がりました。

学校に入る前までは、先生の発音は正しいのだろうか?などの不安が
ありましたが、ほぼネイティブに近い発音でその疑問はすぐに消えましたし、
韓国人の生徒の友達もたくさんできました。

勉強だけでなく、週末には先生や韓国人、もちろん日本人とも遊んだりして
リフレッシュすることができました。

この4ヶ月間はこれからの私の人生にとって自信に繋がる時間でした。

今、フィリピン留学で悩んでいる方に本当にPINESをおすすめします!!

 


 

■Sさん(20代 女性)2ヶ月申し込み

私は二ヶ月間パインスでお世話になりました。
長い期間留学をするのは初めてだったので
はじめはとても不安でいっぱいでした。しかし
いざ研修が始まってみるととても楽しく過ごす
ことができました。

勉強面では、スピーキングが特に伸びました。
パインスでは、一対一クラスと三対一クラスと
グループクラスがバランス良く組み込まれて
いるので、あきずに楽しく英語を学ぶことができ
ました。特に、リーディングクラスでは、しっかりと
発音矯正をしていただき、とても良いトレーニング
になりました。どの先生方もとても熱心で、且つ
笑顔を絶やさず明るく元気に授業を進めてくれ
ちょっと疲れたときでも、モチベーションを保ち
ながら学習に取り組めました。

生活面では、ほとんどが韓国人ということもあり、
ストレスを感じるときもありました。しかし日本人スタッフ
の方をはじめ、その他のスタッフの方が親身になって話を
聞いてくださり、問題を解決する方向へと協力してくださいました。

食事の面でも私は辛いものが苦手だったので、食堂の方が
わざわざ特別に辛くないものを出してくださったりしたことも
あり、スタッフの方のやさしさに感動しました。

フィリピンは留学費用は安いですし、学習内容のクオリティー
も高いと思います。フィリピン人教師の方も勤勉で温かい方
が多いですし、バギオの気候も勉強に適していると思います。

今度はもう少し長い期間で挑戦してみたいです。

二ヶ月間お世話になりました。ありがとうございました。

 


 

■Yさん(20代 女性) 5ヶ月申し込み

パインスを終えて

約5か月間パインスにお世話になりました。ありがとうございました。

・パインスの授業について

最初の一か月目をロメルで、次の二か月をブリッジングで、最後の二か月をエキスパンディングで過ごしました。最初の三か月は土台を作り、最後の二か月は自分の伸ばしたい部分にフォーカスできました。またフィリピン留学の最大のメリットはマンツーマンの授業が一日3〜4時間とれることだと思います。おしゃべり好きの先生もいますが、積極的に話すようにし、スピーキング力が伸びたと思います。

二か月目からクイサンの様々なオプション授業がとれるようになります。一番おすすめはブリッジングのGary先生の朝のリスニングクラスです。リスニングとともにスピーキングにも力を入れていて、朝一番のいい練習になったので二か月間とりました。

三か月目にはキッピルソンにも参加しました。通常授業が一日8時間に加え、4時間勉強するのは体力的にも厳しかったですが、実践の授業がメインなので授業で習ったことを練習することもでき、また新たな友達も増えました。終了後も勉強する習慣がつくこともメリットの一つです。

エキスパンディングではTOEIC、次にMOVIEを選びました。おかげさまでTOEICは100点以上上がりました。MOVIEのクラスは映画やドラマのセルフのディクテーションやミミックをしたり、表現を学んだりしました。最終日にはクラスで劇を作り、みんなの前で発表しました。劇を作っている段階から常に笑いが絶えずとても楽しかったです。授業の一環としてみんなで映画も見に行きました。

・パインスの生活について

他のフィリピンの施設を考えれば充分生活しやすい方だと思います。また清掃・洗濯・食事はしなくていいので、勉強に集中できるというのも、フィリピン留学のメリットだと思います。基本的に食堂は三食韓国料理です。辛い物が得意でしたがそれでも辛かったです。日本人用の納豆を用意していただいているのがありがたかったです。また安くて美味しいので、よくマーケットなどでマンゴーなど季節のフルーツを買って食べていました。

またホテルには看護師が駐在しているので、心強かったです。

・人間関係について

生徒はほぼ韓国人なので、韓国人とうまくやっていけるか心配しましたが、友達がたくさんできました。年上を重んじる文化なので、私の場合はほぼみんな年下の友達ばかりだったので、韓国語で「お姉さん」を意味する「オンニー」「ヌナー」と呼んで慕ってくれました。フィリピン人の先生は人懐っこく、とても親しみやすかったです。休みの日にも先生と遊びにいくと、英語も上達も早いと思います。これからもFACEBOOKやtwitterなどでつながっていければと思っています。

また日本人が少ないので、日本人会の存在はとてもありがたかったです。日本人スタッフのミキさんにはいろんな相談にのっていただきました。スタッフのタカヒロくん、キミさん、ナオくんにもとてもお世話になりました。ありがとうございました。

・オフについて

ついてすぐ世界遺産のあるViganに一人旅をしました。海外初一人旅でしたが、Viganは小さな町なのでわりと安全に過ごせました。また韓国人の友達10人とSunJuanというサーフスポットへ行き、人生初のサーフィンをしました。夜は焼き肉を食べながら、韓国式ゲームを教えてもらい「韓国式飲み会」を体感しました。

土日はSMショッピングモールで買い物をしたり、キャンプジョンヘイでピクニックをしたり、カフェや美術館、マッサージやネイルサロンへいきました。

・バギオについて

バギオの気候はとても過ごしやすく、特に私がいた12〜4月は乾季なので快適でした。勉強に集中できるので、大学も多く学園都市であることも納得です。また5ヵ月間スリなどに遭うこともなかったですし、しっかり気を付けていればバギオはそんなに危険な場所ではないと思います。

・帰国後

東北震災後の帰国となり、就職活動も難航するかと思いましたが、パインスのおかげで外資系企業に転職することができました。スタッフの皆様、先生方、そして友人達に心から感謝しています。年齢的にも「アラサー」ですし、仕事を辞めて留学することに迷いもありましたが、本当にパインスに留学して良かったです。迷っている人がいたら、絶対行った方がいいと思います。できたらまたパインスに戻ってブラッシュアップしたいです。本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 


 

■Tさん(20代 男性) 1ヶ月申し込み

パインズでの一ヵ月間は、これまでの29年間の人生の中でも
最も楽しい一ヵ月間だったと言っても過言ではありません。

勿論英語の授業が充実していたということもありますが、それ以上に韓国人の学生や、
フィリピン人の講師との出会いが最高の経験でした。

留学を検討されている方、これまでに海外での生活経験が無い方には是非おすすめしたいです。
海外での生活を通じて、改めて世界の広さと日本という国の素晴らしさを実感できるはずです。
私はこれまでの人生、海外とのつながりは皆無でしたが、
本当にわずか一ヶ月間にして、大きく視野が広がり今後の人生がさらに楽しくなりそうです。

韓国人の学生やフィリピン人の講師は日本人に凄く興味を持ってくれて、
みな非常にフレンドリーに接してくれます。
特にパインズには若くて元気の良い韓国人学生が沢山いるので、
彼らと共に過ごす週末の時間などは、本当に刺激に溢れています。
一ヵ月の短期間の中で、掛け替えのない友人を沢山作ることができました!!

 


 

■Mさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み

1ヶ月という短い期間でしたが、PINESで色んなことを学ばせてもらいました。

まず、英語の学習方法を教えてもらえたことがすごく大きく、自習の仕方、
英語力UPの方法など、今後の参考となるものでした。
授業に関しては、すべてのクラスにおいて、先生方の熱意と真剣さが伝わってきて、
厳しくも楽しく、充実した授業でした。特に1対1でしかできない発音練習は、
フィリピンならではであり、ためになりました。

1ヶ月だけだったので、英語の上達は、まだ実感できませんが、
勉強に対する意識づけ、勉強習慣を持てたこと、英語の基礎を学べたことは、
今後の英語学習において、とても有意義だったと思います。
PINESでもっと勉強したかったのですが、1ヶ月のみで残念です。
また機会があれば、PINESで勉強したいと思っています。

 


 

■Hさん(20代 男性) 3ヶ月申し込み TOEIC 600 → 800 → 910

お久しぶりです。丸々1年ぶりぐらいですかね?フィリピンではお世話になりました。

友人が今PINESでお世話になっているようですね。
彼は一人でも出来る子なので、特に心配はしていませんw

友人には病気や怪我だけ気をつけていればなんとかなると伝えておきました。
勉強は自然とできると思うので。

自分の英語学習の経緯を少々。
フィリピンから帰国後のTOEICスコアは,600から800まであがりました。
帰ってすぐに受けたので、特にリスニングがあがっていました。
最近受けたテストでは910までスコアを伸ばすことが出来ました。
これもパインスで英語の基礎と勉強方法を教えていただいたおかげだと確信しています。

やっぱり正しい基礎固めは大切だと痛感しましたね。

4ヶ月という短い期間だとは思いますが、友人のことよろしくお願いしますね。

それでは!

 


 

■Yさん(30代 男性) 4ヶ月申し込み TOEIC 450 → 745 → 820

私は、16週間(約4か月)の期間、バギオにありますPINESで学んできました。ここを選んだのは、やはり厳しい学校であるということとバギオという街で遊ぶところが少なく勉強に集中できるという点からこちらを選択しました。

結果から申しますと、留学前のTOEIC模擬テストの点数は450点、3か月目で受けた本番テストでは745点、最後に受けた学校の模擬テストでは820点にアップしました。

入学したのが11月、日本では寒くなる時期ですが、こちらでは気候も良く気持ちよく生活できます。ただバギオという土地は高地(標高1500m)のため朝晩は結構冷えるので自分も何度か風邪をひいてしまいました。勉強するには体調管理も大事であると実感した次第です。

パインズではまず、ロメルというホテルで1か月目を過ごします。ホテル1軒全てパインズの教室と宿泊施設になっており、平日の外出は一切禁止で勉強に集中できます。朝は7時10分からモーニングオプションクラス、夜もオプションが各1時間あります。

自分はリスニングが苦手でオプションでリスニングを選択しました。特にディクテーションはためになったと思います。レギュラークラスが8時間あるので、トータル10時間。それにセルフスタディも入れると13時間位1日で勉強していました。
こんなに勉強するなんて大学受験以来です(笑)先生は全部明るく真面目でフレンドリー。毎回の授業が本当に楽しかったです。1コマ50分ですが、あっという間に過ぎてしまいます。ここでは入学時に細かいレベル分けをされます。A1−1からA3まであり、A1とA2は更に5つくらいに分けられます。各クラス8名から10名程度。この細かいレベル分けもパインズならではです。

食事は韓国食メインのビュッフェ。辛いものも多いですが、非常に美味しくいただきました。部屋も広くて机もあり、定期的に部屋の清掃もしてもらえるので非常に衛生的な生活が送れます。授業終了後は各クラスルームが解放されセルフスタディもこちらで集中して出来ます。WIFIが使える部屋は早い者勝ちなので如何に早くおさえるかは競争です(笑)最終週にまたレベル分けテストが行われ、次に移るパインズバギオ本キャンパスであるクイサンホテルでのクラスが決定されます。この最終テストは、リスニング・リーディング・インタビューから成り、結構難しいです。

2か月目から本キャンパスであるクイサンホテルに移ります。1か月目のロメルホテルが普通のビジネスホテルとするとクイサンは巨大ホテルです。ロメルでは100名がキャパですが、クイサンは250名の学生が生活しています。1階にDIY・薬局・マッサージ・ランドリー・スーパーマーケット、2階にはフィットネスクラブ、3階には体育館まであります。正に外に出なくてもここだけで生活できます。これで映画館があったら完璧ですね(笑)

さて、2か月目ではリフレッシャーという初級クラス、ブリッジングという中級クラスに分かれます。そして各クラスでも7つに分かれます。自分はこちらでB1-4という中級クラスの真ん中に入りました。1か月目に難しいなぁと思ったテキストが簡単に思えてしまうほど、中級クラスは難易度が上がります。こちらでは8個オプションがあり、リスニングだけではなく、ギター演奏を英語で学ぼうなんていうものもあります。自分の好みのものもきっとあると思います。自分は7時からリスニング、夕方6時からムービーリスニングのオプションを取りました。ちなみにこれらのオプションを選択するためにはデポジットを支払う必要があり、病気などの理由がない限り休むとデポジットから引かれます。ちなみに自分は全部出席しましたのでデポジットも全部却ってきました♪あ、忘れておりました。ブリッジングでは毎週2回単語テストがあります。自分は30点満点のテストが6回あって176点。1回目で26点以外は全部満点でしたが、ボキャキングは取れませんでした。でも、1か月後のブリッジングでのボキャクイーンは日本人学生でした。日本人、やるなぁ!!

ちなみにこちらでは、ミッドテストとファイナルテストという月2回の定期テストがあります。ここで点数を取らないと中級から上級クラスには行かれません。中間テストではスピーキングが中心です。スクリプトを渡されてそれを読み上げるのと4枚写真を渡されて状況を自分で作るのと与えられた質問について答えるというもの。これを各2分以内で行い、全てパソコンで録音されます。これをパインズ教師総出で分析します。この後インタビューも行われ質疑応答があります。こちらは5分程度ですが、やっぱり話すのは機械相手ではなく人間相手が良いですね(笑)ちなみにファイナルテストになりますと、先ほどのパソコンでの録音に加えて、ライティングテストとリーディングテスト・リスニングテストと10分程度のインタビューもあり、最終テストは本当に疲れますよ〜!

ファイナルテストの日、夕方6時には上級クラス合格者が発表されます。毎回10名から15名の合格者が出るのですが、基準点に達していないと合格できません。上級者クラス、エキスパンディングは30名前後の学生数です。全体で350名位の学生がいますが、この学生数は難しさを語っていると思います。幸い自分は3か月目で合格できました。3か月目と4か月目でエキスパンディングで勉強できると思うと興奮ものです♪

さて、他のコースでは基礎を学び、万遍なく学びますが、エキスパンディングではモジュールと呼ばれるクラス編成になります。プレゼンテーションとビジネスにこだわったビジネスイングリッシュコース・リスニングとプレゼンテーションにこだわったCNN・TOEICのスコアゲットにこだわったTOEIC・映画を楽しむことにこだわったムービー、他にTOEFL,IELTSモジュールもあります。試験関係のモジュールでは、最終試験が終わって合格者発表があった当日に、再びテストがあります。基準点に達しないとそのモジュールは選択できません。自分はTOEICを選択したのですが、午前中ファイナルテストを受けて、夜8時から2時間のTOEIC模擬試験・・・。疲れました、本当に疲れました。でもその結果、705点。このまま2か月TOEICモジュールで勉強して820点までもっていけました。ちなみにバギオでTOEICの試験は受けられます。日本円で4000円弱。1週間後には結果が貰えますので、フィリピン留学中にTOEIC試験を受けることをお勧めいたします!

ちなみにエキスパンディングでは、通常3時間のマンツーマン、4時間のグループ授業です。でも、各コース、多くても7名、自分のコースでは3名です。ちなみにエキスパンディングではイングリッシュスピーキングゾーンと言いまして、英語以外の言葉をしゃべっていて見つかったら、キャッチボードにチェックされペナルティフィーを払わなければなりません。1回20ペソ(約40円)です。日本人は少ないので、韓国人学生ばかりが捕まっておりましたが(笑)先生たちも他のコースに比べてレベルの高い先生達が揃っています。その分かなり厳しくチェックされます。特に発音チェックはとにかく厳しい!自分なんてWORLDという発音だけで1コマ終わったくらいですから。他の学生に聞いてみたらみんな同様ということ、自分だけではなくてホッとしました(笑)エキスパンディングでは学生数が少ないということもありますが、他のコースと比べても学生と先生・学生同士も仲が良いです。先ほど、通常3時間のマンツーマン、4時間のグループ授業と申しましたが、自分の2か月目はTOEICという1つのモジュールで2か月目は1人だけだったので、なんと7時間オールマンツーマン。滅茶苦茶疲れます。毎日しゃべりっぱなし。でも、欧米でこんな贅沢なことは不可能です。お陰様で最終月には思いっきりスピーキングになれることが出来ました。

毎回卒業生を送り出すフェアウェルパーティーが開かれます。今回の幹事はエキスパンディングコース。先生と生徒で一生懸命出し物を考え、練習し、会の進行を行い、本当に楽しめるものでした。今回、2名の日本人学生がスピーチを行いました。最後に全卒業生の写真と名前が流れて行き、自分の番には少々涙ぐんでしまいました・・。出来る事ならもっと勉強したかったです。ただ、一番最後に院長先生から皆に言われました。語学の勉強は大きな丸い石を押していくようなものだと。止まっている時は重くて中々動かないけど一度動き始めると後は楽だ。ただし、一度止まってしまうと、また動かし始める時は大変です。だから一日に1時間は必ず勉強を続けてください、と。重くて大事な言葉を頂きました。本当にその通りだと思います。自分も今回の留学は終わりではなくスタートだと思っています。勉強するきっかけを頂きました。今は、やっと卵から生まれたばかりです。今から数年をかけて大きくなりたいと思います!

 


 

■Eさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み

無事に日本に帰国いたしました。

本当にお世話になりました。

最初は、自分の英語力のなさに焦り、ただただ
焦ってしまっていましたが、段々生活に慣れて友達が出来ていくにつれて
自分のペースで勉強や生活が送れるようになり、帰国日が近づくにつれて
本当に日本に帰りたくなくなってしまったほど、充実した毎日を送ることが出来ました。

以前は長期間の留学など考えたことが無かったのですが、沢山の先生方や韓国の友達、日本の方々の話、経験、夢などを聞き、自分の考えが大幅に変わるほど多くの貴重な良い影響を受けました。
実は1年程休学して、どこかの国に留学したいと考えるようになりました^^

1か月という本当に短い期間でしたが、今までの人生で一番充実していた日々を送れた1か月でした。

スタッフの皆様には本当にお世話になり、大変感謝しています。

また機会があったら是非お会いしたいです^^

ありがとうございました!!

もし機会があったら是非またPINESに行って
今度はクイサンのキャンパスで英語の勉強に励んでみれたらと本当に思います!

大変お世話になりました!また機会があったら是非よろしくお願いいたします^^!

 


 

■Tさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み

2010年8月21日より3ヶ月間という短い間でしたが、大変お世話になりました。

さて、みなさんは『フィリピン=語学留学』という方程式が頭に浮かぶでしょうか?正直、私も実際にフィリピンに行くまでは想像も出来ませんでした。しかし、行ってから気づいたこと。まず、フィリピン人はみなfriendlyであること、そして、先生は熱心であるということです。発音や、教え方についての疑問があるかと思いますが、そこは英語人口世界第3位のフィリピン、私自身はまったく気にならなかったです。

特に、PIAの先生はみな早い人だと2〜3歳から英語教育を受けてきた人ばかり、Nativeが間違えるほど英語がきれいです。それに、グラマーを教えてもらえるのはとてもいいと思います。「話せればいい」という人もたまにいますが、グラマーは話す手助けをしてくれるものです。基礎が出来ている人は、伸びる力も無限になります。また、1on1のクラスがどのdepartmentでも受講することが出来ます。話す機会がたくさんある環境こそ英語が出来るようになる近道だと思います。

当然、ニュースなどの影響から危険な場所というイメージがまだまだありますが、バギオはそんなイメージからは想像も出来ないほど穏やかで、気候も勉強するには最適な場所であると思います。また、私自身は利用しませんでしたが、PIAでは、PickUpやSendingのサービスもありますので、空港からの学校までの旅路は安心出来ると思います。

さらに、レギュラークラスが8時間というのは、英語を学ぶ身としては、最大の利点ではないでしょうか?私は、レギュラークラスに加え、オプションクラスやKi-Pil-Sungにも参加し、さらに英語に浸ることができました。
また、1カ月目から私は大勢の人の前で、プレゼンテーションやスピーチをする機会がありました。当然、初めは緊張をして上手く話すことが出来ませんでしたが、回を重ねることにそんな緊張も和らいで、逆に自分の弱点を先生やクラスメートに指摘してもらえるという点では大変良かったと思います。そういった貴重な体験が出来るのも環境が整っているからこそと思います。

PIAを卒業した現在も、先生や友達と連絡を取っています。
落ち込んだ時、嬉しいことがあった時、どんなことでも情報をshareしてきた先生。授業最終日に泣いてくれた先生や、エールを送ってくれた先生。遠いところから私の名前をいつでも呼んでくれた先生。
また、生活の手助けをしてくれたハウスキーパー、ガードマン、スタッフの方々に感謝いたします。今すぐにでも、またみんなの顔を見に、声を聞きにPIAに戻りたいくらいです。本当にありがとうございました。

 


 

■Sさん(20代 男性) 6ヶ月申し込み


僕は、2009年の10月17日から6カ月パインスにお世話になりました。以前にも一度バギオに行ったことがあったので、行くこと自体に不安はなかったですが、それでも英語での授業についていけるか、正直心配はしていました。でも、先生はみんなやさしく丁寧に教えてくれたので、帰国が近付くにつれて、寂しい思いをしました。帰りたくない、もっとここで勉強したいと思うことも多々ありました。

韓国人生徒が99%近く占める中で、楽しくやっていけたのは、パインスのカリキュラムが良かったのと、先生の配慮があったからだと思います。そして韓国人との交流もできたのも、今では楽しい思い出の一つです。

慣れないうちは授業についていくのがやっとでしたが、レベルで分けられたクラスなので、無理なく楽しく過ごせました。授業の内容もしっかりしていて、自分の向上心が行ってからさらに上がりました。

施設ももちろん整っていて、平日は勉強だけに集中できる点も利点の一つです。すべてが英語なので分からない時は、自分の持っているものをすべて使って理解しようと頑張りましたし、言っていることなどが昨日より分かる、1ヵ月前より分かると実感できる時もたくさんありました。

また、先生と話すにつれて、伸びたねと言われると、とても嬉しく、もっと頑張って勉強しようという気になりました。


懸念していた先生達の英語のなまりも、彼らが先生になる前にトレーニングをしているので、感じることはありませんでした。

皆さんはフィリピンのイメージをどのように思っていますか??ここでの生活は皆さんが思っているのとはおそらく違うはずです。アメリカやカナダ、イギリスに語学留学するのに匹敵するくらい、パインスでは勉強出来ました。先生と友達になり話して、話す能力、発音、文法が上がるのは間違いないです。もちろん自分で頑張ることも必要ですが。

僕はパインスを卒業した後、日本に帰国し、今は同じ市内の大学が開いている別の語学プログラムを受講しています。値段は確かにパインスに比べると安いですが、内容はパインスの方が、格段に上です。おそらく、バギオでの語学留学なら、パインスを置いて他にないといっても過言ではないと思います。それだけ楽しく授業を受けることができ、英語力も向上することができました。

今僕が言っている学校を悪く言うつもりはありませんが、実際僕が肌で感じたのは、ここよりもパインスの方の中身がしっかりしているという点です。おそらく一番の利点はレベルに合わせた授業と、一対一の授業だと思います。特に一対一の授業の時には自分が疑問に思っていることをすぐに聞けるし、分かるまで教えてくれるので、大いに自分に利点があると思います。
是非皆さんも一度このパインスに留学してみて下さい。楽しく英語が勉強できます。また機会があれば是非もう一度パインスに行ってみたいと思います。それくらい良かったです。皆さんにもお勧めします。
 


 

■Tさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み


3ヶ月という短い間でしたが、私はPINESで多くのことを学ぶことができました。私は3年前にWHでオーストラリアの語学学校に通っていたのですが、帰国後英語を使う機会が全くなく、自分の英語に不安を感じていたので、今回ブラッシュアップを目的としてPINESに行くことを決めました。

初めは生徒のほとんどが韓国人ということで友達が作れるか、8時間の授業についていけるかなど、様々な不安がありました。しかし、それは最初の1週間で消えました。クラスメイトはとてもフレンドリーで、授業もスピーキングを重視しているためか先生と話しているとあっという間に8時間過ぎてしまいました。

生活面では夜更かしなどをしてしまうと、翌日の授業が辛くなるのでかなり規則正しい生活をしていたと思います。怠け者の自分にとってはとてもためになりました。今ではあの生活がとても懐かしいです。

結果的にPINESを選択して成功だったと思っています。オーストラリアの語学学校とは違った授業内容はとてもおもしろく、役立ちました。また素敵な友人達に出会えたのも理由の一つです。短い間でしたが、お世話になりました!


 

■Aさん(30代 男性) 3ヶ月申し込み クラークキャンパス

 


日本で計画を立てていた頃は正直不安もありましたが、過ぎて見ればあっという間の3ヶ月でした。大変充実した時間を過ごすことができましたのは、偏に、支えてくれた多くの方々;学校スタッフの方をはじめ先生方、友人達のおかげと大変感謝しております。本当にありがとうございました。皆さんにどうぞよろしくお伝えください。
機会があれば、また喜んで戻ってきたいと思います。

When I made a plan about this English study in Japan, honestly, I felt a bit nervous. But, 3 months actually passed very quickly. I think it is because I was able to spend wonderful time there in Clark. Thanks to everyone who is helping me out, especially the school staffs, teachers, and friends in PIA. Please give my best regards to them and best wishes for your future. If I get a chance to come back, it would be my pleasure to come back to this magnificent school!!


 

■Mさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み


2ヶ月間パインスで勉強しました。
初めは1日8時間のレギュラー授業についていけるか
心配でしたが、毎日あっという間に過ぎていきました。

日本人の友達も出来ましたが、極力英語で会話をしながら
わからない言い回しを一緒に調べたり、
韓国の友達と自分たちの英語の勉強方法について話し合ったり、
なるべく英語での会話の時間を増やして。。。と努力していました。

その甲斐あって、ネイティブの友達にも上達したね!と言ってもらえました!!
先生方もホントに熱心に英語を教えてくれて
パインスを選んでよかったと思っています!

また英語だけでなく、素敵な友達にも出会えてこの留学が
わたしにとって本当に大きなものになりました!!


 

■Mさん(40代 男性) 3ヶ月申し込み

 


滞在中は、お世話になりました。大変貴重な体験をさせて頂き、有難うございました。あっという間の3カ月だったので、頭の整理が出来ないままの帰国になっちゃいましたが、英語の骨格は掴めた気がします。

若い子たちと違い、歩むスピードは遅かったですが、確実に英語の実力が伸びたのが解ります。とてもうれしい事です。PIAに行く前は、英語を使うことに、とても消極的だった気がしますが、今は、人と話をする事が楽しめるようになりました。また、英語を勉強する事の楽しさも知ることが出来て、これからも頑張ろうと思っています。

PIAでの生活も、とても楽しかったです。韓国料理もフィリピン料理もとてもおいしかったし、それぞれの国の文化や、人々の考えにも触れる事が出来て、とても参考になりました。なにより、こんなに日本の事を考えたのが久しぶりだったので、改めて日本の良い所を確認出来て、これまたとても良かったです。

それに、韓国の学生が、こんなに英語の勉強をしている事にとても驚きましたし、とても礼儀正しく、親切なので、思った以上に過ごしやすかったです。

先生方も、とてもフレンドリーだし、解りやすく教えてくれたので、授業も楽しめました。時々、自分の年齢のせいか、先生たちの人生相談を受けているような感じになった事もありましたが、それがまた、自分の意見を英語で伝える良い勉強になって、他の生徒とは、違う感覚の経験が出来て、とても良かったと思っています。

1日8時間以上集中して勉強する環境は、他にはなかなか見つからないと思うので、短期間で英語の実力をアップしたい人には、PIAはとても良い所だと感じました。特に、日本人が少ないので、短期間で英語脳を作る事が出来て、とても良かったです。その他いろいろありましたが、機会があれば、またお邪魔したいです。

スタッフの皆様にも大変お世話になり、感謝しております。これからもお体に気をつけて、ご活躍ください。

 

 


 

■Sさん(30代 男性) 6ヶ月申し込み

 

こんにちは、私のイングリッシュネームはSatoといいます。私は2009年8月21日にパインスに入学し、約6ヶ月間楽しく勉強させていただきました。私は35歳で大学生ではありませんでしたが、すばらしい先生、友達、スタッフのみなさんに恵まれ、すばらしい経験をさせていただきました、本当にありがとうございました。

私は初めロメルキャンパスで1ヶ月間勉強し、その後クイザンホテルのブリッジングコースで1ヶ月間、最後はエキスパンディングコースで4ヶ月間勉強しました。このエキスパンディングコースではスピーチやプレゼンテーションなどのアクティビティ授業が多く私にとっては特別なコースでした。現在日本では多くの英会話学校などがありますが、人前で英語でスピーチをするなどの経験はやはり難しいと思います。しかしパインスではこのような経験を数多くすることができました。

まず、「パブリックプレゼンテーションクラス」ですが、これは学生たちにとって一番ハードな科目だといえるでしょう。プレゼンターは何か特別な話題について調べ、50人以上の観衆の前で大型スクリーンやパワーポイントなどを使いプレゼンをします。私の場合は日本の高校野球について紹介しましたが、その日本の特別な文化に観衆は驚いていました。

そして、日本のお茶の作法も紹介しましたし、自分の発明品をTVコマーシャルのように紹介もしました。クリスマスにはみんなでキャロリングをし、寄付金を集め孤児院にも訪れました。パインスの社長選挙に立候補するという仮定で候補者になり、自分の考えなどを観衆の前で述べたりもし、自分で嘆願書を作成し観衆の前でスピーチし署名を集めたりもしました。最後に新入生の前で彼らのやる気を引き出すようなスピーチもさせていただきました。

すべてのアクティビティでたくさんの観衆が集まり、台本もなく英語で自分の考えを述べるため、正直かなりハードです。準備にかなりの時間を費やし寝る時間もない状態ですが、確実に英語力を高め、自信もつけてくれるコースでした。先生たちも常にサポートしてくれ、すべてにおいて力になってくれます。そしてエキスパンディングコースではたまに外で授業をすることがあり、公園で乗馬をしたり、ゲームをしたり、またカフェでアイスクリームを食べたりもします。私にとってエキスパンディングコースで得た様々な経験はかけがえのないものとなりました。

そして休みの日には先生たちの家族とも過ごすこともでき、人間としてお互い人間関係を築くことができ、私は今でも頻繁に連絡を取り合っています。私はこの春から中学校で英語を教えることになりますが、生徒らにはパインスや私の経験なども紹介していきたいと思っています。本当にありがとうございました。

—————-


Hello everyone, my English name is Sato. I arrived at Pines on Aug 21, 2009 and I enjoyed studying English for six months. I was 35 years old, not a university student, but I had a really great time with my friends, the teachers and the staffs. These are truly great experiences and memories. Thank you very much.

I stayed in Romel Swuite Building for a month, and then I transferred to Cooyeesan hotel. I studied in Bridging Course for a month, and finally I transferred to Expanding Course and stayed there for four months. The expanding course was special for me because it had a lot of activities, for example, “Public Presentation”, “Demonstration”, “Public Speech”, and so on. As you know, nowadays in Japan, we can study English with foreign teachers very easily, however, we don’t have any chance to give speeches in English in front of many people. Even though we can do it, I think it is very difficult. Otherwise in Pines, I had good opportunities to speak English in front of many people.

First, I gave a presentation in the public presentation class. This is one of the hardest activities for students. The presenters introduce something special in front of more than 50 people with a screen and power point software. I presented “Japanese High School Baseball”. Everybody was surprised at this Japanese culture.

Next, I demonstrated “Japanese Tea Ceremony” in “Voice it Out” class. In addition, I advertised my own invention that was not real but like I was in a TV commercial. I did caroling with the teachers and my co-classmates during Christmas and then we visited an orphanage with the donation. Also, I became a candidate and I announced my opinion what I can do if I become the president of Pines. Besides, I showed my petition to the students for our study in Pines and tried to get signatures as much as possible from the students. Finally, I gave an inspirational speech to the new students so that they can study hard with good passion.

In all of the activities, I expressed all of my opinions in English without cue cards in front of many people. Actually, they were very hard. I needed much time for the preparation and the practice. I worked very hard and I didn’t have enough time to sleep well. However, they finally improved much of my English skill and gave me good experience and confidence especially in speaking and in performing in front of many people. My experience with the teachers in Expanding Course is one of the greatest treasures in my life.

Moreover, the teachers in Pines are very good, and they always help us do everything. In Expanding Course, you can sometimes study with the teachers outside in a regular class like an activity class. For example, you can ride a horse in a park, you can enjoy playing games in a camping place, you can have an ice cream in a cafe, and so on. For me, the activities in Expanding Course were very useful and gratifying. I certainly recommend that you should go to Expanding Course and have great experiences that you can’t do in other English academies.

Besides, I sometimes went on a trip with the teachers, and spent time with their families and their children. These are also great memories. We made good relationships with each other as people. I still keep in touch with many teachers and Korean friends.

Thank you again teachers, staff, and friends in Pines for everything. I am going to teach English in a middle school this year, and I will recommend Pines to my students.

 

 


 

■Aさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み TOEIC 515 → 770

お久しぶりです!今回TOEIC の結果が出ましたので報告しようと思います。
フィリピンに行くまではTOEIC スコアは515 だったのですが6 月の試験では770 に上がっていまし
た!!

日本での勉強方法はパインスの教材のみです!!!本当に自分でも驚いています!!770 な
んてまさか取れると思ってなかったので。母も驚いていて二人で「確実にフィリピンのお陰だね」と
言っています!

誰とも日本語が話せない状況で朝から晩まで英語漬けが良かったんだと改めて感じてます。あと
もうちょっとパインスにいたらさらに伸びてただろうと思うと残念です!!でもここまで来たら860 ぐ
らい取りたいなと目標が見えてきました!!たった二ヶ月で約260 点のスコアアップが出来るなん
て本当に考えられませんでした。あまりにも驚いたので報告してしまいました。夏休みも行きたい
ところですが就職活動もあるので行けなくて残念です。

—————-

お久しぶりです!
就職活動は無事終えました!!

パインスでとれたといっても過言ではないTOEICのスコアのおかげで大きい法律事務所での渉外秘書として四月から働いています。
まだ今は研修中なのですが、研修が終わり次第業務に入ります!

未だにパインスで知り合った韓国人の友人とは連絡を取っていて本当に良い友人と出会えて良かったと感謝しています。

ちなみに就職活動でフィリピンに留学していたと面接で言っていたのですが、とても珍しかったようで好感触で食いついてもらいました笑!!

平井さんもお体にお気をつけて下さい☆社会人なのでもう留学は難しいですがフィリピンに行くときにはパインスに遊びに行きたいと思います!

 

 


 

■Aさん(20代 女性) 4ヶ月申し込み

私はPINESに4カ月滞在しました。初めは、自分の言いたいことも言えず、
コミュニケーションに困ることが多かったですが、
韓国人の友達はとてもフレンドリーで助かりました。
1日のほとんどを勉強に費やし、3カ月の終わりまでには、
かなり英語力が上がったと思います。

休日は、友達と近くのショッピングモールに出かけるのが定番で、
いつも安くておいしいマンゴージュースを飲んでいました。
料理もおいしくて、安いですし。

私は、フィリピンで4カ月、その後日本で1カ月過ごし、
カナダのバンクーバーに留学しましたが、カナダ到着時から、
ホストファミリーと難なく意思疎通ができて、
フィリピンでの留学が確実に生きていると感じました。

バンクーバーのメインストリートを歩いていると、PINES時代の友達と
再会することが10回以上ありました。
そのたびに声をかけて、話をしたりして、とても楽しかったです。

バンクーバーでは、3カ月ほど、現地で出会った韓国人女性とルームシェアしました。
彼女は直接、カナダに留学したのですが、よく、フィリピン留学しておいたら
よかったと言っていました。

日本人は韓国人と英語でのみ会話するわけですから、
フィリピン留学はかなりお勧めだと思います。
英語だけではなく、フィリピンの文化も学べて、忘れられない経験になりました。

 


 

■Yさん(20代 男性) 1ヶ月申し込み

就職するため、1 ヶ月というとても短い期間でしたが、
とても貴重な体験となりました。

先生たちもみなとてもフレンドリーで
英語を学ぶ人の気持ちを理解した上で
接してくれていて学びやすい環境でした。

その他、施設や規則の面でも規律ある生活を送れるよう
配慮されていてよかったと思います。

英語はもちろん、韓国文化やフィリピン文化においても学ぶことができました。
仕事さえなければもっと滞在して、もっと多くの事を吸収できたのに、、、

機会があれば是非、友達にも紹介したいです。

—————-

お久しぶりです!
昨年は、お世話になり、ありがとうございました。

今振り返ってみると、就職前のわずか1ヶ月でしたが、自身の人生に多きな影響を与えた1ヶ月間でした。
もちろん英語に関してもそうですが、韓国人の友達に出会えたのは大きな財産となっています。今でも連絡を取り合い、第3国で会ったり、韓国に行ったりと、交流を続けています。

全ての始まりはPINESであったと思います。
現在ももちろん継続して、英語の勉強を続けていますし、
次は、ビジネス英語に取り組もうとも思ってます。

このような経験を、より多くの人にしてもらいたいです。

 

 


 

■Mさん(30代 男性) 1ヶ月申し込み クラークキャンパス リピーター

3月3日(水)に、みなさんより一足早く、学校を離れました。

PINESでは、DAVIDさん、DEANさん、KATEさん、TAZさんに、

色々気を使っていただき、大変お世話になりました。

何不自由なく時間を過ごすことが出来ました。

どうもありがとうございました。どうぞよろしくお伝えください。

また、バギオにいたときと同様、とても良い先生ばかりで、本当に力になりました。

やっとLとRの発音の違いもわかるようになりました。

そして、ホテルの食事を作っていただける方には、わずかな人数にもかかわらず、辛くない食事も作ってくれたりして、大変感動しました。

そして、ホテルの従業員の方、掃除をしてくれる方、警備員の方いろいろな人に助けていただきました。

最後に、今回も、たくさんの韓国の友達が出来ました。

みなさん良い人ばかりで本当に学校を離れるのがさびしい限りです。

どうもありがとうございました。

なかなか、長期で時間を作るのは難しいのですが、

また、機会があればお願いすると思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


 

■Yさん(20代 女性) 4ヶ月申し込み+2ヶ月延長

6ヵ月間ありがとうございました。パインスを選んで本当によかったです。

フィリピンに行く前に他の国に留学していたのでリスニングは割りと慣れていたのですが、発音とスピーキングを短期間で上達させたいと思い申し込みました。
お陰様で発音を重点的に熱心にみてもらえる先生や指導レベルの高い先生に恵まれたこともあり、実力は大分上がりました。

パインスでは勉強のし過ぎで頭がパンクしそうになったり、また、色んな国から生徒が集まってきているわけではなく韓国人中心の学校なので、色々大変なことがあったりするとは思いますが、スタバ、ボーリング、映画館、隠れスポット…など近くに娯楽施設もありストレス発散はすぐできます。
私は外でボイスレッスンを受けることができたので、地元の同年代の方たちや元気な子どもたちと接するいい機会ができました。

パインスでは本当に信頼できる友達や先生とも出会え、フィリピンを離れた今でも交流を続けています。

これからは、フィリピンでの努力を糧にして思い描いている未来を実現していきたいと思っています。いつも励まし応援してくれた大好きな先生の“BE STRONG!”という言葉を心に留めて突き進みます!

 

 


 

■Aさん(20代 男性) 3ヶ月申し込み

3ヶ月という短い間でしたが、お世話になりました。

PIAを知ったのはオーストラリアで知り合った友人に紹介されたのがきっかけでした。
先生方の英語、英語が使われている国、すべてが勉強になり、このPIAで英語学べてとても素晴らしかったと思っています。

現在、僕はオーストラリアに戻って来ました。
今年の4月でVISAが切れるのでそれまで海外生活を
エンジョイするつもりです。
と、言っても4月頃には帰国する予定ではありますが。

バギオにいる間、韓国人の友達もたくさん作ることができ充実した
フィリピン留学を送ることができました、併せて感謝致します。

また、PINESで学んだ英語を今後さらに伸ばせるように
これからも英語に力を入れていこうと思っています。

PINESで生活していた当時は快適な生活を送らせて頂きました。
これから益々のご発展とご清栄を心から
お祈りさせて頂ければ幸いです。

以上、有難う御座いました。
 


 

■Kさん(20代 男性) 4ヶ月申し込み

朝から夜までの授業についていけるのか、自分の
レベルでやって行けるものなのか、最初は不安でした。
しかし、明るく、フレンドリーな先生達、クラスメート達の
おかげで、楽しくも実りある日々を過ごすことができました。

最後の一カ月、私は朝から夕方までのレギュラークラスに
加え、午後八時から午前十二時までの特別カリキュラム
「Ki-Pil-Sung」に参加しました。人によっては体力的に大変
だとは思いますし、自主勉強の時間がたっぷり欲しい人にも
お勧めできませんが、私にとっては非常に良いカリキュラム
でした。自分が打ち込めば、打ち込むほど、確かな成長が
得られる場だと思います。

パインスで、私の語学力は飛躍的に向上しました。そして、
英語で話すことが億劫でなくなり、「話せる!」という自信を
得ました。フィリピンには外国人の為の語学学校が多数
ありますが、パインスを選んで本当に良かったです。
パインスは私に、英語学習の為の素晴らしい環境を提供
してくれました。本当にお世話になりました。

ありがとうございました!

Before I came to Philippines, I thought 4 months was short, but actually it was a moment. Because, I had a fantastic time in PIA, especially Ki-Pil-Sung is a terrific curriculum. It was exhausting, but KPS’s curriculum, teachers and classmates were marvelous. I appreciated all of the things in the Philippines. Some students complained about PIA’s policy and rule. But, I think it makes a really good environment. PIA gave me an opportunity and good environment to study English in Philippine. It was comfortable and enjoyable. So, I didn’t feel like leaving PIA. It was really unforgettable experience. If I have a chance and money, I want to visit Philippines again. Thank you very much PIA!


 

■Rさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み

私が感じた事は「It depends on how you look at it.」

PIAは、生徒が勉強に集中出来る様に滞在から授業までサポートしてくれます。それをどう使うかは自分次第。私は「勉強に集中出来る学校」という事でPIAを選びました。お湯が使える事は日本では普通ですが海外では違います。また日本人にしか分からない常識等もあるので日本人スタッフが常駐している事も重視しました。PIAではそのような滞在面で心配をする必要はありません。その他には、フィリピンで英語が習得出来るのだろうか?韓国資本の学校、反日感情は大丈夫なのだろうか?と不安はありましたが、滞在中にそれを感じる事は特にありませんでした。

先生方が第2言語として英語を習得しており、アメリカ英語、イギリス英語を客観的に教えられる事も特徴の1つだと思います。授業以外の勉強時間に関しても、勉強の仕方が分からない生徒は、無料で申込み可能なオプションクラスがあります。私は、毎日日記を書いて先生にチェックしてもらう事により、授業で習わないような日常会話や表現を学ぶ事が出来ました。勉強、勉強となりますが、クリスマスには先生のお宅でクリスマスパーティー、週末には先生と一緒にご飯や映画鑑賞、もちろん韓国人のお友達とバーベキューや小旅行といった交流も自分次第で出来ます。授業をただ受けているだけでは、英語の習得、英語で話す機会、先生と出かける機会も手に入りません。しかし、こちらの姿勢次第で先生やスタッフの方がいくらでもサポートしてくれるそんな学校でした。

There are many people staying in other countries to study a language that is not limited to English. Some people think that we can get English skill automatically as long as we stay in another country because we are able to have more chances to speak and listen to English. than in our country. It is wrong. Particular nation tends to gather each language, therefore we can use own language except class time. It seems to be just a language school.

I was worried about my school life because I know that some Koreans don’t like Japan or Japanese. In addition, I expected that many students use Korean in class time and class room, teachers also familiar with Korean. That means nobody is concern about me. In fact, I met good classmate in Romel. They always use English even in our free time and always invite me to eat out and go somewhere even now.
I’m very proud of my class mates.

I noticed that everything depended on my actions. Even if we stay abroad, we can’t get anything as long as we don’t try to communicate with other people from other countries. Needless to say, we could get more time than in our country.


 

■Sさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み+1ヶ月延長

日曜日に無事オーストラリアに着きました。
フィリピンに滞在中大変お世話になりました!フィリピンに4ヶ月もいたなんてオーストラリアに帰ってきてから夢のように思えます。
授業も充実していたし、韓国人の友達も作ることができ、私にとって人生でなかなかできない経験ができました。

パインスはとてもいい学校だと思います!
授業内容も1対1の時間が多かったので、自分が発言出来る場が多くあり、PIAのカリキュラムに満足しています。
3対1のConversationでは互いに習う所があったり、1対1にはない緊張感も出て自分にとってよい刺激にまりました。
英語を人前で話す練習ができてよかったです!オーストラリアにいるときそれがなかなかできなかったので。
少し残念だったのが、3:1のクラスやグループクラスの授業で韓国語でしゃべっている生徒がいたことですね、先生方は注意していましたけど。

あと、食事が私には合わなかったのか、何度か腹痛に悩まされました(笑)
私が汁物にごはんをかけて食べてたら、「食堂の人に言ったらお粥を作ってくれる」と友人から聞いたのが最終日辺りだったので、もう少し早めに知っておけば、友達が体調悪いときに持っていけたのになって思いました。

規則などもはじめは厳しく感じたのですが、1ヶ月、2ヶ月と時間が過ぎていくにつれて、平日と休日のメリハリがついた規則正しい生活がおくれました。
最後のtermでは自分で授業内容変換したので、融通が利き、最後まで授業を楽しむことができました。

PIAの良い所は厳しい所は厳しいけど、生徒の良い所を延ばしていくようなカリキュラムがあるところだと思います。
4ヶ月、楽しく過ごすことが出来ました。

本当にありがとうございました!!

 


 

■Yさん(20代 男性) 6ヶ月申し込み

PINESは英語と韓国語を同時に学べる最高の環境です!
ここに来る前は韓国の語学院で韓国語を学んでいたのですが、クラスメイトのフィリピン人が英語も韓国語も同時に学びたかったらPINESがいいよと紹介してくれたことがきっかけでやって来ました。

PINESは施設も良く、食事もおいしいですが、何よりもフィリピンの先生たちが最高です!

先生と仲良くなり、週末は一緒に遊びに行ったり、クリスマスは家に招待してくれたりしました。
そんな中でフィリピンの文化も学べて、とてもいい経験になりした。
また韓国人の友人と語り合う中で韓国の文化についても学べ、物事を見つめる視野が広がった気がします。

日本に帰ってからも先生達や韓国の友人と、facebookなどで交流をしています。

皆さんにもフィリピン留学をおすすめしますよ!!!


 

 

■Nさん(20代 女性) 6ヶ月申し込み

パインスは英語の特に会話力がついたのでよかったと思っています。たくさん話す機会があるカリキュラムで会話力のない私としてはとてもよかったです。パインスに行く前は相手が話していることはなんとなくわかるけど、私が思っていることを話せない!!という状態でした。パインスの勉強で、英語を話す度胸がつきました。たとえ文法が間違っていたとしても伝えようとする姿勢が大切だと思いました。英語に対して抵抗がなくなったのと、話すことによってコミュニケーションを楽しむことを教えてもらいました。とても貴重な半年間でした。


■Tさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み

パインスでの勉強を終えた今、英語が使えるようになったと実感しています。といっても、新しい構文や難しい単語をたくさん覚えたからではありません。むしろ、単語や構文は圧倒的にシンプルになりました。そして英語の反射神経が見違えるくらいに上がりました。大学受験のための英語から、コミュニケーションのための英語へのシフトを体感しています。その結果、英語でのチャットが日本語と同じようにできるようになったり、TOEFLのリスニングパートの点数が上がったり、それから旅先で会う初対面の英語圏の人とも気軽に世間話ができるにようになりました。

パインスでの生活は、平日は朝から8時間以上の授業をこなし、授業後は韓国人の友達達とおしゃべりして宿題してから就寝というパターンでした。休日は現地でできた友達達か学校の仲間とお出かけという生活です。寝る時間以外は、毎日英会話の時間でした。韓国人の友達達、それからフィリピン人の警備員さん達とのおしゃべりにハマリ過ぎて、授業後にリーディングやライティングの自習の時間を上手く作れなかった事が反省点です。その時に知り合った友達とはFACEBOOKやSKYPEを使って連絡を取り合っています。そのため帰国した今でも、毎週英語を使っています。

せっかく時間とお金を使って海外で英語を勉強するのだからって人には、自信を持ってお勧めします。

 


 

 

■Kさん(20代 男性) 4ヶ月申し込み

僕は大学の留学制度でパインスに来ました。初めはフィリピンと聞いてイメージが全くできませんでした。大学に入学した頃はカナダに留学できると聞いていたので、フィリピンにしか行けないと聞いた時正直あまりいい印象ではなかったです。しかしそういった感情は授業を受けて全て解消されました。パインスの教育は一言で言えばスパルタ・・・1日の約3分の1を勉強に費やす生活ですが、その分得られるものは大きいと思いました。自分を英語漬けにすることで英語というものが自分の中の基礎として形成される感触と言いましょうか・・・自分のレベルに合った授業、個別授業を通して自信がつきましたし、先生方と親密になれる部分もポイントかと思います。

もし皆さんがパインスで勉強を考えておられるなら、基本的な文法(中学生レベル)と単語勉強を事前にやっておくといいと思います。あとは先生がたくさんいるので多くの先生と仲良くなってたくさんコミュニケーションすることがレベルアップにつながると思います。

 

 


 

■Mさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み

私は3ヶ月間パインスにお世話になりました。初めての海外生活という事もあって、本当に何も分からず来ました。なので、いくつかトラブルもあったけど日本人スタッフの方や生徒の人たちが助けてくれました。本当に感謝しています。

英語が日常会話というのに、初めは慣れなくて頭が混乱したこともありました。けれど、先生方はとても面白くて、親しみやすかったので、すぐに慣れることができました。フィリピン人は本当にフレンドリーで、笑顔で接してくれるのでとても大好きになりました。同様に韓国人はとても活発で、授業に対する取り組みがとても熱心で感心しました。また、とても人思いな人が多く、何度もお世話になりました。異なる人種だけれど、そんなことは全く関係ないんですね。大切な友達がたくさんできました。

フィリピンでの生活は日本と異なる部分が沢山ありました。というか、ほとんど異なる気がします。けれど、現地に来なければわからないことを沢山知りました。いろんな経験ができて、本当に来て良かったと思います。

少しは成長したことと願います。中でも一番、自分自身に変化があった事は、海外を視野に入れて今後の事を考えるようになった事です。それはフィリピンに来なければ絶対考えられなかったです。もっといろんな人と触れ合い、いろんな国に行き、沢山経験を積もうと思います。

本当はもっとフィリピンに滞在していたいです。本当にフィリピンが大好きになりました。今後の予定は未定ですが、英語を忘れず日本に帰っても続けて勉強するつもりです。そしてまたいつか海外に出ようと思います。

本当に楽しい3ヶ月間、どうもありがとうございました。


■Rさん(30代 女性) 2ヶ月申し込み

 

難しい英文もすらすら読めるけど、外国人と話すとなると全く英語が出てこない。そういう自分を変えたくて、私は留学を決意しました。2ヶ月という短い期間で成果が出せるか不安でしたが、熱心な先生とやる気のあるクラスメートのおかげで、スピーキングの力は飛躍的に伸びました。本当にPinesを選んでよかったと思っています。

韓国ではPinesがフィリピンの学校の中でベストだそうで、延長したいと思っても予約がいっぱいで難しいことが多いです。またフィリピン人の先生にとっても、数あるアカデミーの中でPinesの評判が一番よく、ここで働いていることは一種のステイタスなのだそうです。

今後Pinesへの留学を考えている方にアドバイスを贈るとすれば、「友人を慎重に選ぶこと」でしょうか。英語が初級レベルの韓国人グループと一緒に出かけると、韓国語オンリーの会話になってしまって、疎外感を感じます。。。かといって日本人と一緒にいると、日本語に頼ってしまいがちです。ということで、ある程度の実力があり、普段も英語を使いたがっている韓国人をみつけて友達になることをお勧めします。バギオには沢山観光スポットがあるので、楽しい週末を過ごすことができると思います。

あと、やる気と体力があって、Bridgingコースに進んだ方には、キッピルソン(スパルタプログラム)に参加することをお勧めします。私は8時間のレギュラークラスが終わった後、20:20〜24:20までキッピルソンのオプション授業を受けていました。自由時間はほとんどなくなりましたが、Pinesのベスト オブ ベストの先生たちに習うことができ、非常に有意義でした。また、ずっと同じクラスメートと過ごすので、すごく仲良くなれます。

本当に思い切って留学してよかったです。ここで得たスキルが錆びないように、これからもがんばります!

 


■Dさん(30代 男性) 6ヶ月申し込み

 


私はこの学校に来る前、少し心配していました。それまでほと
んど英語ができませんでしたので、いきなりの英語だけの生
活に慣れるかどうか不安でした。でもこちらに来てすぐ慣れま
した。学校のカリキュラムもとてもしっかりしていて、自分の英
語スキルも、特にスピーキングがびっくりするほどアップしまし
た。1 日8 時間のレッスンや平日外出禁止などのスパルタ式
教育があったからこその効果だと思います。

そしてここでたくさんの韓国人と友達になりました。それも私にとって貴重な経験でした。
半年間の勉強があっという間に終わりましたが、この学校と出会えたことはとても良かったと思い
ます。日本人、韓国人、フィリピン人スタッフや先生たちに深く感謝しております。将来もしかしたら、
自分の子供もこのような学校で勉強させたいなぁと思いました。

 


 

■Tさん(30代 男性) 5ヶ月申し込み

私がここPIAに来て学んだことは英語だけではありませんでした。
もちろん主な目的は英会話、そしてTOEICテストで良い点を取る事でしたが、
本当にPIAでの研修は有意義なものでした。

まず私が一番忘れることができないことは、PIAの先生方です。
本当にハイレベルな能力と経験、そして人格を備えていらっしゃる方たちでした。
そして、その授業を通じてフィリピンという国を偏見なしに、
尊敬の念を持って見ることができるようになりました。
私はここに来て学ぶ前と後ではフィリピンに対する考えが大きく変わりました。
先生方との交流、旅行、ショッピング、現地人とのコミュニケーション、
それはこれから人生を生きる上でお金では買うことのできない私だけの体験です。

個人的にはフィリピンに来る前ももっと前もって勉強して早く上級コースに来て、
上級でもう、2ヶ月くらいはしっかりと勉強したかったです。
ですが、勉強の方法もしっかりと学ぶことができましたし、日本でもしっかりと学習できそうです。
日本へ帰った後も、英語の学習に力を入れて海外で活躍するビジネスマンになりたいと思います。

自分の友人で語学留学を考えている人がいればぜひともPIA(PINES)を勧めます。

本当にありがとうございました。

 



■Tさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み


朝6:50〜夜12:20までのスパルタプログラムと聞いていたので、多少の不安はありました。でも実際受講してみると、十分な休憩時間と少人数教育、短い授業時間が配慮され、思ったよりも大変ではありませんでした。また、明るい先生と、活発なクラスメイト親切なスタッフにもめぐまれ、スパルタというより、むしろ快適な生活を送ることが出来たように思います。

勿論、楽しいことばかりではありませんでした。宿題をこなすこと、風邪をひいたこと、友達と対立したこと、スランプ。しかし、今やそれも思い出の一つになろうとしています。辛い事よりも楽しい事の方が多く、総合的に満足できたからです。

特に1:1の授業は今までに無いものを私に与えてくれたように思います。細かい発音から便利なイディオムまで、英会話に必要なことのほとんどを1:1の授業を通して学びました。また、キッピルソンでは特別に発音練習のレクチャーを先生の好意で受けることになり、リフレッシャーの生徒ながら、ブリッジングで学ぶ事も少し勉強できました。

日本に帰国後はさすがに1日10時間以上の勉強はできませんが、最低2時間は英語に接する時間を持ち続けたいと思います。英語の学習方法はここで学びました。あとは、自分自身でどうそれを続けていくかです。将来ここで出会った先生や友達に再会した後、“実力落ちたね”と言われるのではなく、“よく一人で続けたね”と言われるよう頑張ります。

 



■Yさん(20代 女性)3ヶ月申し込み



3ヶ月間お世話になりました。ここではオーストラリアの語学学校とは違い、マンツーマンのクラスやキッピルソン(スパルタプログラム)があり、きちんと英語の勉強ができたので、本当によかったと思います。洗濯や食事も含まれているので英語に集中できました。生活も特に不自由なかったし、先生も尊敬できる方ばかりでした。特にHead teacherのReading classではすごく教え方がうまいと感じたし、Teacher Oliveも嫌な顔一つせず、私の質問に全て答えてくれ、これから英語の先生になりたいという私にとって、いい勉強をさせてもらいました。勉強法についての理解もできたので、今後に生かしていきたいと思います。
日本人スタッフも含め、ありがとうございました。

 

 



■Hさん(20代 女性)2ヶ月申し込み

 

私はPIAに来てよかったです。勉強もしっかりできたし、何より、たくさん友達をつくれました。

また機会があれば、ここで勉強したいです。日本に帰っても、ここの勉強をいかして頑張ります。

 



■Mさん(20代 女性)2ヶ月申し込み

 


ここへは英語の基礎をつくる為に来ました。実際授業を受けて1ヶ月目は、ものすごく大変でしたけど、2ヶ月目からクラスの人とも仲良くなれて充実した生活を送る事ができたと思います。

また英語だけではなく、フィリピンの事が知ることができ、好きになれた事が自分にとってまた一つ成長できたと思います。

PIAの生活は本当に楽しかったです。また機会があれば戻ってきたいと思います。
私に良い経験をくれて感謝しています。
有難うございました。

 



■Hさん(30代 男性)3ヶ月申し込み+2ヶ月延長


I love PIA. Honestly I’m totally satisfied with my 5months staying here. I could improve my English actually. I experienced job interview by phone in English. It wouldn’t be possible before coming here.

Furthermore, I could have many precious experiences through the life in PIA – giving presentation and graduation speech. Those things will become my unforgettable memories.

Also, I wouldn’t forget about people whom I met. I could make many friends. We talked, drank and went out together. To tell the truth, I experienced to quarrel with other students. And fall in love with someone.

I’d really appreciate that I could get such a wonderful chance. Yes! PIA was the place of my second youth I write this article in the morning at August 22 – next morning after graduation party.

Still now, I can’t believe that I will leave Baguio city. As you know I already applied to some companies. So, maybe in September, I will work at Kuala Lumpur in Malaysia.

As a matter of fact, coming here again is difficult. I wouldn’t see the loving people in PIA for a considerable length of time. I’ll miss PIA, indeed.

Lastly, I’d like to leave some suggestions for PIA. If my opinion could be of some help, I will be really happy.

That is about leftovers. I gave the presentation which insists the waste fullness of leftovers. Actually, after my presentation, I realized the reduction of leftovers. However, in next term, the situation reverted to the first. If it’s possible, I’d really like PIA to familiar all students with importance of saving. Especially for the new students, I think it is effective to explain about the recent price hike in the Philippines at the first orientation.

Thank you for everything in PIA. Once again I love PIA. Indeed.

P.S. おかげさまで、現在、マレーシアで就業中です。

 



■Eさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み


2ヶ月間お世話になりました。サポート面やフィリピン人講師、施設に関しては言うことなしです。大満足です。カリキュラムの面で不満に思ったときは、マネージャーの方から親身な対応をして頂きました。

本当にありがとうございました。

 



■Yさん(30代 女性) 3ヶ月申し込み



3ヶ月短い間でしたがお世話になりました。

充実した時間を過ごせることができました。

料理はおいしかったのですが、私のお腹に合わず、下痢をしたため、体重が3kgも減ってしまいました。スタッフは親身になって対応してくれたため、日本人が少ないという環境の中、充実した時間を過ごせました。

初めはルールになじまず、すごく大変でしたが、慣れるとその大変さも気にならなくなっていました。ただクラスでクラスメイトが韓国語ばかり使う時は、寂しさを感じました。

カリキュラムも、先生がすごく良く、また機会があればここで勉強したいです。

クラスメイト、スタッフ、先生方には本当にお世話になり、とても感謝しています。

英語の能力は伸びたという実感があまりないのですが、クラスメイトと初めに来た時よりもたくさん話ができるようになったので、多分伸びていると思います。

ここで学んだことを大切にし、英語の勉強を続けていけるようがんばりたいです。

 

 



■Mさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み+4ヶ月延長



In PIA, we have three courses. Fortunately, I could attend all courses. In refresher course. I had a hard time to adjust myself to the program of this course, but 1 month after, I could focus on speaking and correcting my pronunciation. In Bridging course, I could focus on grammar as a next stage. In fact, I thought it’s better to learn grammar in Japan than abroad. However I was surprised to attend grammar class by foreign teacher (T.Brent). I could discover another aspect of grammar which I would never learn in Japan.In the second month of Bridging, I felt my improvement in speaking a lot. For last two months, I have attended Expanding course. It was good for me to focus on TOEIC program.

In fact I improved my TOEIC score in actual test after 1month!!(780→865→910) Thanks a lot for teachers, staffs and friends!!

I will continue studying English!!

 

 



■Kさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み+1ヶ月延長


PIAに来て、本当に楽しく英語を学ばさせて頂きました。本当にありがとうございます。
 



■Rさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み+1ヶ月延長


PINESは学習カリキュラムがきちんと組まれていて、効率的に勉強することができました。韓国人との関係を問題なく、3ヶ月間気持ちよく過ごせました。ただ、日本人の中には、韓国人の文化についていけない人もいましたが。リレーションシップが日本人より密接なので、おどろくことも多いようです。異なるものを否定せず受け入れる努力をすることが、外国で勉強する上でのポイントだと思います。

フィリピンで勉強するメリットの一つに、先生方が温かい、というのを聞いたことがありますが、本当にその通りだと思いました。どの先生もすぐに名前を覚えてくれ、1対1の授業も気まずさなどはなく気持ちよく受けることができました。

PINES で勉強する上での日本人にとってのメリットは、やはり「日本人が少ない」という事だと思います。韓国人だらけの環境のおかげで、どんなに下手でも英語を話す癖がつきました。この点は、 PINES にして良かったと思ったポイントです。

体調を崩したのは予想外の展開でした。今まで海外に行ってもカゼをひいたことがなかったので、今回も大丈夫だろうと思いましたが、やはりバギオの高山地というのは、人体にとっては大きな変化だったようです。カゼ薬をしっかりと準備してくるんだったととても後悔しました…。病院にいって薬を処方してもらったので大丈夫でしたが。

PINESでの勉強は大変な時も多々ありましたが、学生生活最後にして充実した3ヶ月を送ることができたと思います。遊びに行ったり飲みに行ったりするのが大好きな韓国人とうまくバランスをとりながらやっていくのは、完全に流されず、しかも効率的に勉強していくための秘訣だと思いました。 大変なときもありますが(笑)

どうもありがとうございました!!

 

 



■Mさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み



一ヶ月という短い期間でしたが、充実した時間を過ごせました。

初めは、ほとんどが韓国人学生なので、なじめるか不安でしたが、日本人にとっては英語を使ってコミュニケーションをとらないといけないので、英語の勉強になりました。

また、韓国人の友達もすぐでき、とっても良い思い出ができました。

可能ならば、期間を延長してもっと、たくさん勉強したかったです。

カリキュラムも充実しているので、英語の能力も上がったと思います。

 



■Mさん(30代 男性) 1ヶ月申し込み+1ヶ月延長



Two months went by speedily. I was in Bridging for a month and Expanding for another month. I am busy every day. Wake –up early in the morning, eat breakfast with my drowsy eyes rubbed, attend classes in the morning, have lunch, attend classes in the afternoon, eat dinner, take a little break, review, after that take a shower and go to bed late after. I repeat these daily routine everyday. Sometimes I need to study hard. I have to do a lot of homework. Thus I spend time effectively every day. I had a good time here in PIA.

And I have to say Thanks to all of my teachers, staffs and everyone one concerned.

All teachers always take care of me, supported me and teach English earnestly.

Staffs always take care of me. Especially I want to express my gratitude to Mr,Alex and Ms,Rika for supporting me.

Lastly I am really happy to see and study English with Korean students and friends.

 



■Kさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み

This is a jail. This is my first impression about PIA. But this is positive opinion. Do you think amusement is essential to study English? This school helps you. And you will feel happy when some good things happen. Even if these things are very small happy things. So I think this PIA is the best place to study English. I am satisfied with this life.

 

 



■Tさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み+3ヶ月延長

Greatful days. Thanks for everything…

Thanks a lot! People who meet me till now.

I had a great time which is one of the best time in my life.

Time flies…

I have met many people. Korean, Japanese and Filipino.

We met each other in order to bid farewell.

Thank you so much. See you again in the future.

 



■Mさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み

Thank you for teaching me!!

I’m happy to meet many teachers who are so kind and friendly!!

I’ll never forget that I’ve stayed in PIA!! The time I spent would be good memories.

I appreciate that I have learn many things in here!!

Thank you so much!!



■Mさん(70代 男性) 3ヶ月申し込み+2ヶ月延長


Time is flying by.

My stay here will end today.

Much to my regret, I am going to leave now.

The weather is recovering and getting better.

At any rate, I thanks all of you for teaching me English.
 



■Kさん(20代 女性) 3ヶ月申し込み



私はPIAで3ヶ月勉強しました。今なら、あと1ヶ月延長していいかなと思えます。最初の1ヶ月は、ここの生活に慣れるのに大変でした。英語を学びに来たのに聞こえてくるのは韓国語、そして韓国人にフォーカスされた環境、初めてのルームシェアなど、一番きつかったのは体調不良になった時でした。しかも、治りにくい。日本で生活する10倍は薬を摂取したと思います。

しかし、3ヶ月目は有意義に過ごす事が出来ました。ブリッジングコースに行く事ができ、コース全体がEnglish Zoneなので聞こえてくる韓国語の量も減り、皆の意識も高いので、その雰囲気が良かったです。体もここの生活に慣れたのか良好で、新しいルームメートの子も凄く良い子で楽しかったです。

フィリピン人の先生達も、相性が合う合わないはありましたが、基本的にはフレンドリーで優しく、いつもジョークを言って生徒をなごませてくれる愉快な人達です。

月に一度あるJapanese Pizza Partyもピザが美味しくて好きでした。

お世話になった先生方、日本人スタッフのりかさん、ミキさん本当にありがとうございました。

 

 



■Mさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み


私がパインスで学んだのは今回で3回目です。

なぜバギオで、パインスの学習を選んだかというと、第一に充実したカリキュラム、第二に価格の安さです。(授業料、生活費)

パインスのカリキュラムは最初は息苦しく感じましたが、周りの韓国人の学習に対する姿勢を間近で見て、自分もやるぞとパワーが出ました。
規則も、特に日本人にとっては厳しく感じるかもしれませんが、それがかえって新鮮で、勉強する環境が整っているように思います。

また、授業についても、スタッフに相談して、自分に合った学習方法に変更できたのは本当に助かりました。

また機会があればお世話になりたいと思います。

スタッフの皆さん、お世話になりまして、本当にありがとうございました。
 



■Mさん(20代 女性) 2ヶ月申し込み



あれだけ英語に悪戦苦闘していた日々がすでに恋しくなっている今日このごろですが、
帰国してからは本業の方が忙しく仕事漬けの毎日です(−−;)

でも、PIAの先生方との連絡は続いています。

唯一の英語環境なのでとても貴重です!!

先日カナダからお友達が日本に遊びに来てくれて数日一緒に観光してました。

彼らが私の英語の上達ぶりに驚いていました。

前回のカナダ留学では、全く話せずトロントから帰国したので(笑)

まだまだネイティブほどすらすら話せず悩みは絶えないですが、
少なくとも英語を勉強することが楽しいと思えるようになったのは私にとっては最大の成長です!!

意外と日本でも外国の友達ができたりして忘れない程度に英会話は続けていますよ!

PIAでの二か月は英語以外にもたくさん得るものがあってすごく誇れる日々だったんだなって今すごく思います。

少し自信がついたので来月から数か月カナダへ行くことにしました!

実践期間だと思って頑張ってきます!!

ほんとにありがとうございました☆

マイクさん、その他スタッフにもどうぞよろしくお伝えくださいね!!



■Mさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み


パインスで学ぶのは今回で2回目です。

やはり充実したカリキュラム、安全で便利な環境があったので、
また来てしまいました。

日本人の学生は数名しかいないというのも魅力のひとつです。

今回は4週間という短い期間でしたが、ためになったと思います。

なんといっても勉強する環境が整っていること、韓国人の学生たちが
フレンドリーで親切で、本当にすばらしい学校だと思います。

オーストラリアで勉強したことのある友人も、パインスの勉強の方が
ためになると、またバギオに戻ってきていました。

どこにいても自分次第だとは思いますが、この友人の言葉は今も私の心に響いています。

 

 



■Eさん(20代 女性) 1ヶ月申し込み


Before I came in PIA, I wondered whether I could improve my English skills or not while I stay in PIA.
I asked PIA a special arrangement if I could stay for only one month.
I thought that it was too short to improve my English skills but I had no choice
because I have to return to my graduate school.

The result of first level test is surprising. I was placed at the Bridging Course Department.
There were many students who have good English skills. At first, it was hard for me to keep up with them. Sometimes I doubted if my English skills would improve.
But there were many chances to help me out.

First, there were comprehensive programs for English study −reading, writing, discussion, pronunciation, grammar, idiom, listening.
All classes are especially pronunciation class. It was a big help for me. I had never learned about how to pronounce English correctly.

Second, there were great teachers who had provided not only interesting classes but also sophisticated class. I’ve never skipped it.

Finally, there were friends who guided me to improve my English skills. In PIA there were few Japanese students, so I had to always communicate in English. It was the most merit for me.

Now, I finished at my last level test, I really realize that I could improve my English skills. I’d like to express my gratitude to all my teachers, friends and staff for guiding me.

 



■Yさん(20代 男性) 3ヶ月申し込み


周りの環境は理解していたのでこちらへ来た後、特に驚くことはありませんでした。ルールも厳しいと聞いていましたが、普通に生活していれば破る必要の無いものばかりで、こちらも特に驚きませんでした。

最初はリフレッシャーから始まり、楽しい日々を送ることができとても満足しています。
ブリッジングでは、クラスによって宿題が多い場合もあり、自分でやりたいことができないと
感じたことも少なくありませんが、
どの先生方も皆優しく親切で、授業の質自体は良いと思います。

ここ、バギオは噂どうりとても過ごしやすく、勉強もしやすいと思います。
そして、一日の勉強時間8時間以上はとても魅力的で、他の人達にも勧めたいと思います。
また、クラス分けについて、そしてカリキュラムと授業の進行についてたまに不満と不明な点が出てくることがあるので、
もっと生徒達に明瞭な説明とスタッフ、教師間の意思疎通をもっと良く出来ればより良いPINESになると思います。

3ヶ月と短い間大変お世話になりました。また楽しむことが出来たのも事実です。ありがとうございました。

 

 



■Kさん(30代 女性)2ヶ月申し込み


私は2ヶ月間在籍していましたが、この2ヶ月間は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
第一の理由は、1日8時間の授業であった為です(8時始業〜5時又は7時終業)。

私にとって、始めの1ヶ月は本当に大変でした。毎週1〜2回のプレゼンテーション。本当に大きなプレッシャーでした。私は文法と英単語を学びたかったのですが、どちらもリフレッシャーの授業にはありませんでした。毎日の疲れで、オプションの授業も出れずじまいでした。その事もあり、プレゼンテーションをする時までに、いつも本当に凄い時間をかけて文章をつくり文法、スペルのチェックをよく先生にお願いしていました。プレゼンテーションでも良い結果を出すこともなかったですが、本当に惨めな気持ちでいっぱいでした毎日。とはいえ、初めてのクラスで友人を作られた事と(少しは)アメリカンアクセントのリスニング力がついたのではないかと思います。

まだまだ聞き取りはいいですが。一般的な会話(ネイティブの先生方と)をする度胸というか自信は少しはつけたような気がします。やはりそれは1対1のクラスのおかげかとも思います。

いつも先生方に感謝しています。失敗の多い(ばかりの)私の面倒をよく見て頂きました。ありがとうございます。ブリッジングの方に行けなかったのは残念ですが、良い経験をさせて頂きました。
 



■Yさん(20代 男性) 2ヶ月申し込み+4ヶ月延長


After I came to PIA, my English skill improved little by little. It is necessary for us to improve our English. PIA is good place to study English, because there are many teachers who have good teaching skills and a good personality. In addition PIA .enforces the rule that students can’t go out on weekdays this kind of rule makes students concentrate more on studying English.
I’m grateful to be able to study in PIA and be here for almost 6 months.

 

 



■Tさん(30代 女性) 2ヶ月申し込み+1ヶ月延長


The reason why I chose PIA to study English in the Philippines is because I was looking forward to an academy that has a good curriculum and maintains good relationship with people.
The atmosphere was more wonderful than what I expected. I had a great time with my Korean friends, Filipino teachers and staffs. Korean students are very diligent and I got my motivation from them.

The most interesting thing for me was the discussion about social problems in class. We could exchange opinions based on each other’s culture namely Korean, Philippines and Japanese culture. It was very exciting for me. It helped me to broaden my perspective.
I think that I learned a lot of things through studying English in PIA.

Finally, I hope Japanese students can get information about the good curriculum PIA has (like a ki/pil/sung) just like how the Korean students learned about PIA.

I greatly appreciate PIA!!
 



■Nさん(30代 男性) 2ヶ月申し込み


短い間でしたが大変お世話になりました。

PIAでは、英語はもちろん韓国語を話す機会も多く、上記二言語の能力向上に関して非常に役立ったと感じています。

また機会がありましたら、再度PIAに就学したいと思います。

本当に有難うございました!!

 

 



■Mさん(20代 学生 女性)3ヶ月申し込み+1ヶ月延長


日本に帰ってきてからもう3ヶ月経つので、バギオでの生活が夢のようです。
帰ってきてから交換留学に申請を出して、今年の夏からスウェーデンで一年間勉強す
ることになりました!

フィリピン・パインスでの留学は、私にとって本当に意味のある時間でした。
英語の面接や、TOEICの点数はとても強みになりました。
今はTOEFLの勉強を中心にがんばっています。

旅行はもちろん、いつかまたフィリピンで勉強したいな、とも思っています。

 



■Yさん(30代 学生 女性) 2ヶ月申し込み

Since I started listened to the movies during lessons and when I am free, my listening skill has been improved a little. Teachers prepare the scripts and make question, so we can concentrate on listening.
We don’t need to cook, do laundry nor clean our rooms−these services are helpful for us.
Sometimes I wanted to eat spaghetti with white creamy cheese sauce. Generally school staffs are kind. The teachers are cheerful and diligent. Since I came here, I have been suffering from health problems−headaches, colds, and stomachaches−because of the unpredictable weather. Just my luck..
If I were not suffering from anything, I would extend my term. We can also use our classroom to study 24/7. It helps me a lot.

 

 



■Tさん(30代 男性) 6ヶ月申し込み+現地にて2ヶ月延長

 


タカと申します。

かれこれパインスに入学してから四ヶ月が過ぎました。
スッカリ慣れて快適に過ごしてます。
上級クラスで頑張ってますが、道のりは楽ではないです。
上級に入れば自動的に実力が付くような錯覚がありましたが、やはりそれは錯覚でした。
でもCNNなんかはかなり分かる時が増えてきました。

周りは韓国の人がほとんどですがいい人が多いです。逆にいやな人にあった覚えがないです。
でも時々カルチャーギャップを感じるときはあります。些細なことが多いですけども、、、。
嫌な事よりも得ることの方がはるかに多いと思います。
今まで数え切れないくらい韓国の人と無駄話から深い政治的なことまで話すことが出来ました。

これからこのアカデミーで勉強を検討されている方がいらっしゃるでしょうから
僭越ながらアドバイスを送りたいと思います。

かなり繊細な方でなければまず問題ないでしょう。中には文句ブーブーの日本のかたもいらっしゃいましたが、、、。

ただ湯船はなくシャワーのみです。風呂に浸かりたいです。部屋によってはお湯が安定しなかったりして微妙なとこもありますが、
いくつかの旅行を経験してお湯が出るだけでもフィリピンではとてもありがたいことを知りました。

食事は小中学校の給食がダイジョブなら平気な気がします。

韓国料理がほとんどですがスープ以外はそんなに辛くないです。来る前はとっても辛いのを想像してましたがそうでもないです。
韓国の人はキムチくさいのかな〜と思ってましたが全くそんなことは今のところないです。
逆に私が毎日こちらに来てからキムチ食べてるので気が付かないのかも?

肝心な英語の上達ですが、周りのクラスメイトはかなり上達しました。でも本人は気が付かないみたいです。

みんなだめだだめだ言ってます。この間旧ルームメイトにあって話したら別人のように話せるようになってました。

多分私も相当上達したはずなのですが、すぐ欲が出て上のレベルを見てしまうから進歩が感じられないのかも知れないです。

日本で○○(※日本の某英会話スクール)に三年間在籍してましたが、私はパインスのほうがメリットが大きいと思います。

先生は少しフィリピン訛りがありますが気になるほどではありません。特に上級クラスではネイティブスピカーとほとんど遜色のない先生が多いです。

一人だけいるアメリカ人の先生は他の先生と較べるとあんましやる気がないです。○○(※日本の某英会話スクール)でもたまにこういう先生がいました。でも気のいいやつでじっくり話すととても面白いです。

今まで私の会ったフィリピン人の先生がとっても熱心なのでそう思うのかもしれません。

時間があって、あんまり予算のない人は多分ここがベストなのではないかと思います。

 



■Hさん(30代 女性) 6ヶ月申し込み+現地にて6ヶ月延長

 


パインスに来る前まではこんなに楽しく英語を学べる学校があるとは思っていませんでした。当初6ヶ月の予定でフィリピンに来たのですが、先生がとても楽しく親切に英語を教えてくれ、スタッフの皆さんも常に生徒に気を配ってくださいました。また、韓国の生徒さん、スタッフの皆さんとも英語を話す機会ができ、とてもよい経験ができました。当初6ヶ月の予定を延長を2度繰り返し、気がついたら1年近くパインスで過ごしていました。

パインスを選んだのは、1:1の授業やディスカッションクラスなど、プログラムの充実ももちろんですが契約前のスタッフの方の親切な対応があったからです。

最終的にパインスで英語以外にもフィリピンと韓国のカルチャーを学ぶことができました。卒業後に再入学する人が多いのも納得です。

親しくなった先生に会いにまたフィリピンに来たいし、クラスメートに会いに韓国にも行きたいと思っています。クラスメート、先生、スタッフの皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 



■Tさん(学生 20代 男性)2ヶ月申し込み

 


僕はここフィリピンのパインススクールで2ヶ月間の英語研修をつい最近終えました。ちょっと感想を書きたいと思いました。

まず、ここは韓国人多くて最初は驚きましたが、みんなよい人ばかりなのですぐに仲良くなれました。だけど、一番驚いたのはここの授業時間が10時間というのことです。最初はきついかもしれませんが慣れてしまえば大丈夫でした。

日本人がまだ少ないので本当に日本人同士でかたまってしまうということがなく、語学を本当に学びたい人にとってはここはかなりよいところだと思いました。

ここでは、英語を学びますが、もしかしたら、韓国語もうまくなるかもしれません。なので、韓国語がしゃべれなくても英語でコミュニケーションすれば、英語もより早く覚えます。

生活面では韓国人の文化が年上の人が年下におごるというものなので、僕は一番年下だったのでお金もほとんど使うことなく楽しく過ごせました。(ちなみに僕は21です。)

ここで2ヶ月いただけでも、かなり英語が伸びたのでここにきてよかったと思います。

アメリカやカナダに行くにはお金が高すぎるという人にはここは学費も適当で学ぶには最適な場所です。説明になってしまった。

そうだ、ここは国際電話がただというのが最高です。マジで。ネットも自由にできます。そこが、スゴイよかったです。

 



■Uさん(20代 男性)3ヶ月申し込み

 


イロイロあったフィリピンでの生活でしたが、パインスを選んで本当によかったと思っています。

僕はこれから海外で英語を勉強したいという人には迷うことなくフィリピンを勧めますし、PINESをお勧めできると思っています。

 



■Yさん(20代 男性)2ヶ月申し込み

 

PINESでは本当にお世話になりました。バギオ短期留学は本当に正解だったと思ってます。

実際以前よりはリスニングできるようになりましたし。

旅の最後に韓国を訪ねてきまして、多くのPINESの友達に会ってきましたが、
みんな喜んで迎えてくれて、飲みながらPINES時代の思い出話に花を咲かせてきました。

 



■Iさん (20代 男性) 2ヶ月+1ヶ月延長

フィリピンに来る前は、フィリピンの治安や先生の英語力、韓国人との共同生活など、不安に思う点はたくさんありました。

でも最終的にはパインスを選んで心から良かったと思っています。

日本人が持っているフィリピン人のイメージはほとんど間違っているんじゃないかなと思います。

フィリピンに来て良かった!

 



■Tさん(20代 男性)2ヶ月+2ヶ月延長

 

I’m very comfortable in Baguio city. Baguio’s temperature is like autumn season in Japan.

More over, Baguio is safe. Of course we must be careful. But Baguio is much safer than any other cities.

I am sure all Japanese can enjoy PINES life. I am satisfied with PINES’s life.

 



■Aさん(20代 女性)2ヶ月申し込み+1ヶ月延長

 

PINESに行って一番よかったことは、フィリピン人の先生と韓国人の学生と交流が持てたことです。

もちろん年齢や習慣の違いに戸惑ったこともあったしけど、これからもみんなと続いて行けたらいいなと思ってます。



■Sさん(20代 男性)4ヶ月申し込み

 

僕の英語のゴールは日本の文化などを海外に紹介できることなので、日本から持ってきた日本の文化を紹介している英語の本で、使えそうなセンテンスや文を書き出し、 暗記する目的で先生に発音チェックしてもらいながら、一緒に読んでいました。

先生も興味をもっていただき、議論したり、なかなか楽しい授業でした。

それではこれからフィリピンに行くみなさん、楽しんで、一生懸命勉強してください。



■Sさん(学生 20代 女性)6ヶ月申し込み

 

I have been speaking English for more than 5 months, not only in classrooms but
also in my room.
Therefore, I had an opportunity to speak English continuously.

It was a really big advantage for me, so nowadays I don’t have any
difficulties to explain something in English even though my vocabularies and
pronunciation are limited….

PINESの研修を通じて、英語はもちろん、その他にも沢山のことを学んだと思います。

どこの国、どの環境で過ごすよりも、内容の濃い6ヶ月だったのではないでしょう
か。
フィリピンというなじみのあまりない国で、初めは不安もあったものの、あの時
PINESに行くことを決意して本当に良かったと思います。
TOEICは予想以上に伸びまし
た(研修前に日本で595だったのが、5ヶ月後に825)。
来週から米国証券会社で働
くことになりました★ PINESで学んだ事がどれだけ通用するか、かなり不安ですが、楽
しみでもあります。



■Yさん(学生 20代 男性)6か月申し込み

 


自分がフィリピンで勉強してた頃にカナダで留学していた友達が先月、帰ってきたの
で一緒に留学話してたんですけど、やっぱり会話をするのが一番、英語を勉強する
上で効果的な勉強だと彼も言ってました。
しかもside by side,american headwayとか
同じ教材を使っていたのにも驚きました^^



■Nさん(20代 女性)2ヶ月申し込み+1ヶ月延長

 

フィリピン留学の魅力は学費・宿泊費・物価の安さ、1:1授業の充実です。
日本人の
中には費用の面で欧米留学をあきらめている人も多いので、フィリピン留学の良さが
浸透したら、フィリピン留学ブームが日本にも来るのではないかと密かに思っていま
す。
フィリピン留学は一長一短ありますが、がんばれば成果が出ると私は思います。



■Sさん(30代 男性)3ヶ月申し込み+1ヶ月延長

 

苦手だった発音も改善が感じられ、入学当初は何から手を付けてよいのか全くわから
なかったものの自分の課題が明確になってきたと思います。
授業時間が長いため自習
時間が限られてしまうことが気になりますが自分の可能性を信じ研修していこうと思
います。
同時に始めた体力作りのジム通いも含めて今後の自分の成長が楽しみです。



■Eさん(学生 20代 男性)2ヶ月申し込み

 


親しくなった先生と一緒に遊んだことも勉強になって、フィリピン生活の中で大事な
ものを学んだし、たくさん学べる学校の環境も好きでした。
これからも英語をずっと勉
強して次に行くときは、友達をつれて来たいと思います。



■Fさん(20代 男性)2ヶ月申し込み

 

パインスは、一言で「英語を好きにならせてくれた故郷」です。
10時間はとても大
変でしたが、その一つ一つ大切なものであることを感じていました。とてもバランス
の取れた学校だったと帰国してからも宣伝をしています。^ ^



■Tさん(学生 男性 20代)2ヶ月申し込み

 

1対1の授業や少数制授業にもとても魅力を感じました。
授業は期待してたよりずっと
良かったです。
1対1の授業では学生は自分しかいない
ので嫌でも英語を話さなければならない状況だったおかげで会話能力が向上したと思
います。

※感想文は個人の意見です。