日本人学生のためのインテンシブスピーキング - 英会話徹底集中コース

日本人学生の要望から生まれた、学生目線のコース


日本人学生用に“ Intensive ESL” という名前で新しくコースを開設しました。このコースはSpeakingの時間の拡大化、会話と連結するリスニングをそのまま残し、試験や進度にこだわりすぎず勉強できるように考え出されたプログラムです。

このコースでは、Speakingの時間を拡大させるためグループ授業を最小化し、(4時間から2時間)し、代わりに1対1の授業を5時間 (既存は4時間) へと拡大致しました。

Intensive ESLの特徴と長点


学生の皆様はそれぞれ勉強の方法に違いがあり、パインスでの研修課程で勉強方法に問題を抱える学生が少なくありませんでした。例えば、学生は各々英語の向上度が進度が違うにもかかわらず、4週(1ターム)が過ぎると教科書が変わってしまい1ターム中に十分に習得できないなど。

こうした問題を抱える学生の悩みをを解決するため、パインスは本カリキュラムを新設しました。

このカリキュラムの特徴として次のことが挙げられます。

1) 毎ターム3回ある試験は希望があればマネージャーへの相談後、全試験を免除することが可能。

2) 教科書が期間内に終わらなかった場合は、ターム終了後も継続して同じ教科書の使用が可能(※新しい教科書も可)

3) 通常は2時間のリスニンググループ授業はターム毎に変わりますが、マネージャーと相談後、同様の  教科書を使用し反復するか、次のレベルの教科書に進むかを決定することが可能。

このコースはSpeakingの時間の拡大化、会話と連結するリスニングをそのまま残し、試験や進度にこだわりすぎず勉強できるように考え出されたプログラムです。

Power ESL(Power Speaking)コースの教育内容はこちらのページを参照

▲このページのトップへ / トップページへもどる